二条城の前、元「京都国際ホテル」にマンションやめて 市が阪急阪神HDに要望

公開日: : おもめNews, 政治

――世界遺産・二条城の前にマンションやめて 市が阪急阪神HDに要望

タイトルを見た瞬間は、二条城の目の前にマンションをどーんと建設はさすがにないわ… とか思いましたが、どうも違うみたい。

これまでホテルだった場所が営業終了となり、マンションにしようとしている阪急阪神HDに対して、市が「観光の立地として最高なので、(マンションではなく)次もホテルでお願いしたい」ということのようです。

行政が企業に対してこのような要望を送るのは珍しいですね。

京都国際ホテル

参考元→http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150121000028

■市長「ぜひ英断してほしい」

昨年12月で営業を終了した二条城の前にある「京都国際ホテル」(京都市中京区)。

この土地・建物の利用方法への注目が集まっている。

土地・建物を取得したのは阪急不動産(大阪市)で、マンション開発を予定しているという。

これに対して、京都市の門川大作市長は20日、同社と親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)に対して、新たなホテル誘致をするように求める要望書を提出した。

要望書では、この地の立地条件について「絶好のロケーションであり、京都市内の観光に非常に便利な場所。国内外のお客様をもてなすホテルとしては最高の条件が揃っている」ことを強調。

市が民間企業に対してホテル誘致を文書で要望するのは初めてのことだそうで、阪急不動産は活用方針を明らかにはしていないものの、市はマンション開発の可能性が高いとみて、このような働きかけに至った。

門川市長は「あの場所がマンションになることは多くの市民が望まない。阪急阪神HDは以前から京都のまちづくりや観光振興に深い理解がある。ぜひ英断してほしい」と話す。

一方、阪急阪神HDは「対応は事業会社(阪急不動産)にまかせている」とし、阪急不動産は「土地・建物の利用方法については、あらゆる可能性を検討している」としている。

京都国際ホテルの敷地面積は約7500平方メートル。ホテルを所有していた藤田観光が施設の老朽化などを理由に営業を終了して売却する方針を2013年10月に発表し、昨年12月に阪急不動産が取得した。

■ネットの反応

京都はホテル不足しすぎ。イベントの時期に被った出張族が絶望してた

マンションになって、お金持ちの外国人に買われるんだろうね

確かに絶好の場所。マンションになったとしたら欲しいけど…

数年前、京都国際ホテルを外国人クライアントと利用した事があった。和食屋を利用したが、なんと英語併記のメニューすらなかった。何を建てるか云々する前に、ホスピタリティという言葉をまず認識してほしい

確かに、あの場所にマンションは嫌だな

いずれにしても、もう高層京都ホテルやジャパネスクのかけらも無い京都駅みたいな古都の景観破壊だけはやめて下さい

河原町蛸薬師の元LOFTもマンションになって反対運動されてたなぁ

日本くらいだからねぇ。隣地にバンバン建てるのは。幾ら土地が少ないからとはいえ…

行政は、いままでこのような対応を取っていなかったが、今後は、行政側から私企業に対し要望することも、古都の資源を保存するために必要でしょう

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑