【イスラム国】後藤さんの母親が会見も、いい地球のためと原子力や反原発などを語りだし騒然

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 おもめNews, その他

――イスラム国の人質になっている後藤健二さんの母親の記者会見が話題に…。いきなり反原発を語りだし記者・視聴者困惑

イスラム国が日本人人質2人を盾に2億ドルを要求している問題で、人質のひとり、ジャーナリストの後藤健二さんの実の母親が会見を行いました。

会見の中では、「健二はイスラム国の敵ではありません。解放して下さい。」などと語りかけました。

・・・

が、途中からなぜか急に「地球の平和の為に原発は不要だ」といった旨の”反原発”を語り始めて視聴者や記者は驚きを隠せなかったようです…。

後藤健二さんの母親

石堂順子さんの声明文

「私は石堂順子と申します。ジャーナリスト後藤健二の実の母親です。
多くの外国人記者の皆さんにお集まりいただき、感謝します。
日本国民・日本政府の皆さん、諸外国の皆さんに健二が大変ご迷惑をおかけしていることに心よりおわびします。私はこの3日間、ただただ、悲しくて、泣いていました。表現できません。
健二は幼いころから心の優しい子でした。健二はいつも『戦地の子どもたちの命を救いたい』と言っていました。
中立な立場で戦争報道をしてきました。
イスラム国の皆さん、健二はイスラム国の敵ではありません。解放して下さい。
日本は戦争をしないと憲法9条に誓った国です。70年間戦争をしていません。日本はイスラム教諸国の敵ではなく、友好関係を保ってきました。
日本は唯一の被爆国です。アメリカによる広島と長崎への原爆投下で数十万人が亡くなりました。あと残された時間はわずかです。日本政府の皆さん、健二の命を救って下さい」。

ツイッターでの反応

 

 

 

 

 

会見へのネットの反応

息子より原発問題が大事なのか・・・

さすがにスピリチュアルすぎでしょ・・・

外国人記者も困惑してるじゃん…

息子を差し置いて地球の危機を語る。母親の鏡

質問にすら答えれてないじゃん

ISISも不思議に思いそうだな

見てたけど本当にひどかった。この後ニュースで見る人たちは前半部分をほとんど知らないで終わるんだろうなぁ

どうしてこうなった。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑