和装振興議員連盟、「着物で一致団結しテロに対応する」 人質殺されて晴れ着に非難殺到

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 おもめNews, 政治

――和装振興議員連盟、「着物で一致団結しテロに対応する」

ビール片手に歌って踊って戦争反対を訴えた議員もいれば、今度は「着物を着てテロに対応する」とかいう訳の分からない議員団も…。

前記事
社民党・福島みずほ、イスラム国との緊張続く中 官邸前でDJ引き連れビール片手に歌えや踊れの馬鹿騒ぎ 「歌とダンスで楽しく戦争反対♪」

「湯川さんが殺されたというのに、晴れ着で記念撮影とは能天気な議員たち」と批判されているようです。

和装振興議員連盟

参考元→http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2015012600647&utm_source=twitter&utm_medium=i_jijicom_inp&utm_campaign=twitter

■「着物を着てテロに対応する」

26日、超党派の「和装振興議員連盟」が国会正面玄関前で通常国会召集日恒例の記念撮影を行った。

議連会長の伊吹文明前衆院議長(自民)は過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件を踏まえ、「国民衣装である着物を着て、国民が一致結束してテロ組織に対応している姿を示す」と記者団に語った。

民主党の福山哲郎幹事長代理も「人質解放については政府を後押しする」と伊吹氏に同調。ただ、「方向性が見えた時点で(政府の対応を)検証しなければいけない」と説明した。

■和装振興議員連盟

1973年に国会内に発足した「きもの議員連盟」が元。

1976年に「和装振興議員連盟」(会長・森喜朗元内閣総理大臣)と改称し、中学、高校に和装教育を実現するため会合を重ねる。

2002年には、54万人の署名を集めて、中学校に「和装教育」が導入。

和装振興議員連盟では、1999年以来、通常国会開催日に和装振興議員連盟の議員らをはじめ、衆参両院、超党派で和装で登院されるなど活発な活動を行っている。

http://www.kimono-consul.org/activity/federation.html

■ネットの反応

この写真は、馬鹿さ加減の歴史的記念碑として残しておこう

成人式かな?

風刺コラによる介入を許さないレベルで公式が風刺コラ

人質が死んで晴れ着。狂ってる

>「着物で一致団結しテロに対応する」
どうやったらこんな発想に至るのか

信じられない鈍感さ。着る、それはお祝いや儀式の正式な式典。これが議員?愚かすぎる

単に1999年からの恒例ですから

「人質が殺されて、晴着で記念撮影かよ」と言われて当然

5か月間も拘束されていた湯川さんを救えず、惨殺された国の国会議員が晴れ着で記念撮影とは情けない。

犠牲者が出ているというのに晴れ着姿で記念写真撮って何が「テロへの抗議」か

恒例行事だったようですが、そこでテロについて語ったり、アニメ(暗殺教室)や歌手(凛として時雨:Mステ)ですら自粛自粛の中で、晴れ着で笑顔撮影ですからね…。

さすがに言われて当然かと。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. さなや より:

    殺されてないってことの裏返しだNE‼︎

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑