【マザーアース】後藤母・石堂さん、再びの会見もやはり「反原発」と「世界平和」 記者「もういいです」と打ち切り…

公開日: : おもめNews, 事件

――後藤母「息子が助かれば平和への第一歩となる。地球は今悲鳴を上げており、広島が受けた何倍もの…」 記者「もういいです」

フリージャーナリストの後藤健二さん(47)と湯川遥菜さん(42)の人質動画が公開されてから早1週間が経った。

現在では、情報が錯綜しており、事実関係の確認が急がれているが、ヨルダン政府はリシャウィ死刑囚の釈放、そしてISILは人質の解放で交渉が進んでいるようである。

そんな中、27日に自宅前で報道陣を前に会見に立った後藤健二さんの母親である石堂順子さん(78)が、「相変わらずだった」ことが話題を呼んでいるようだ。

一部からは「マザーアース」「プロ市民」など呼ばれているようである。

石堂順子さん

参考元→http://tanteiwatch.com/8281

■最後はやはり「反原発」と「世界平和」

以前の会見では、途中から”反原発”を訴えるような内容の会見を行い、「息子が殺されそうなのに…」「何の話だ?」など、批判が殺到した後藤健二さんの母親である石堂順子さんの会見。

前記事

【イスラム国】後藤さんの母親が会見も、いい地球のためと原子力や反原発などを語りだし騒然

その石堂さんが27日、再び自宅前で報道陣の前に立った。

今回、石堂さんは後藤さんが小学校5年生のときに描いたという絵を手に持って「絵を見て涙するばかり。早く帰ってきて平和な世界に身を投じてほしい」と今の心境を語った。

しかし、話は徐々に別方向へ…。この展開はどこかで見覚えが…。

石堂さんは息子の安否を気遣いつつも、

「とにかくうちの息子が助かること。それだけじゃなく平和への第一歩だとお思いになりませんか? なりますよね? …(中略)…そういうことがなければ、またどんどん(身代金も要求されて)、そういった感じで地球が悲鳴をあげているという状況。あっちこっちで地球が悲鳴を上げている。地球が…話がめちゃくちゃですか?  私の気持ち、間違ってますか? やはり危機感はありますよね? …(中略)…ノーモアヒロシマという言葉もありますが、地球は今、広島が受けた何倍もの…(略)」

と話題はやはり今回も「反原発」と「世界平和」に。最終的には報道陣の方から「もういいです」と会見を打ち切られたそうだ。

■ネットの反応

クッソワロタwww

さすがマザーアース、ブレないな

打ち切りひどすw 報道陣もそれ期待して押しかけたんじゃないの

メディアに出してはいけないタイプの人

息子が助かった場合→反原発のおかげ
息子が助からなかった場合→原発のせい

もう取材しないほうがいいんじゃ・・・

息子が助かるかどうか瀬戸際なのにプロ市民すぎるでしょ

息子<世界平和

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑