後藤さん殺害に海外在住ジャーナリスト「私達は平和を貫く日本人だったのに、安倍のせいで狙われる対象になった」

公開日: : おもめNews, 政治

――海外在住ジャーナリスト「私達は平和を貫く日本人だったのに、安倍のせいで狙われる対象になった」

「イスラム国」からの後藤健二さんが殺害されたとみられる映像公開を受けて、国内では一部の人からは安部首相を非難する声が高まっているようだ。

前記事

官邸前、後藤さん殺害を受け「安倍退陣!」「辞任しろ」「NO ABE」とのデモ

海外在住という、ある日本人ジャーナリストは、同じく海外で働いている友人たちみんなが安部首相に「怒りまくっている」と話しており、「海外で働いている私達をどうして危険に晒すような演説をしたのか」とツイートしている。

 

■ネットの反応

テロリストと同じことを言ってる

・アベガー アベガー

こんな発言してる人間はまずもって狙われないよ

・平和のためにテロ国家にもごますりすればいいの?

どうして安倍首相のせいになるのか分からん

・まともに言い返す言葉がないから、ゲロだとかうんこだとか汚い言葉で返す、子供か

後藤さんの件を語る以前に、安倍首相の事を呼び捨てたり、感情的すぎると思います

など。

■「安倍首相演説はイスラム国を挑発する内容にあらず」駐日パレスチナ代表

安部首相がイスラム国を挑発するような演説をした、というのが批判の根拠のようですが、産経の記事ではこのようなものもあります。

在京アラブ外交団代表を務めるシアム在京パレスチナ常駐総代表(大使に相当)は1日夕、日本人2人が殺害されたとみられる、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」によるテロ事件について、安倍晋三首相が事件前に外遊先の演説でイスラム国対策の支援を表明したことに起因するしたとの見方を否定した。 

シアム氏は「(イスラム国を)全く挑発したとは思わない。そのように信じたい人がいるのは確かだが、間違いだ」と述べた。

また、「安倍首相が(演説で)話した『中庸』は美徳で、アラブ諸国に対して適切な表現だ。首相の中東訪問が今回の事案を引き起こすマイナス影響はなかった」と指摘。

その上で「事案が間違ったタイミングで起きただけで、訪問自体は適切な時期だった」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/150201/plt1502010044-n1.html

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑