後藤さん殺害を受けてイスラム教徒から怒りと不安の声 「教えに反する」「どうか誤解しないでほしい」

公開日: : 最終更新日:2015/03/07 おもめNews, 事件

――後藤さん殺害を受けてイスラム教徒から怒りと不安の声 「教えに反する」「どうか誤解しないでほしい」

1日朝に、後藤健二さんを殺害したという新たな映像の公開を受けて、都内のモスクではイスラム教徒から怒りと不安の声が挙がっているという。

イスラム教徒たちからは、「殺人は教えに反する。断じて支持しない」「(イスラム国は)テロリストグループということを周知してほしい。一緒にしないでほしい」といった声が聞かれた。

イスラム教徒

イスラム教 モスクの責任者

イスラム教徒から怒りと不安の声

後藤さん殺害の映像公開を受けて、国内のイスラム教徒からは怒りと不安の声があがっている。

怒りは、教えに反しておりイスラム国のやっていることは許せない、というものだ。一方の不安は、イスラム国とイスラム教徒が一緒に見られてしまうことへの不安。

イスラム国はテロリストのグループであり、一般のムスリムとは違うことを周知してほしい」と話す。

都内のイスラム教礼拝所(モスク)、イスラム教徒の声を一部。

・「本当一言、残念。テロリストのグループと一般のムスリムは違うということを周知していただきたい。一緒にしてごったにしないでいただきたい」

・「慈悲や慈愛、平安がイスラムです。それを体現するのがイスラムを信じる人の信条であり、モットーなので、IS(「イスラム国」)がやっていることは真逆のことなので、どうか誤解しないようにお願いします

都内モスクの責任者・ハールーンクレイシさんは、「非常に悲しい。残念。怒りの気持ちです。皆さんで2人のため、また家族のためにも祈りました」と話した。

http://news.livedoor.com/article/detail/9739244/

他の県のモスクでも

・イスラム教徒の友人を持つ男性
「アラブ諸国の人々は日本に対して仲間意識のような感情を持ってくれていると感じてきた。それだけに非常にショック」

・大阪市のモスクを訪れた男子大学生
「イスラム教には人を殺してはならないという教えがある。彼らはイスラム教徒ではなく、ただのテロリスト」

・留学中のインドネシア国籍の男性
「私たちの日常とはかけ離れた状況でのできごと。彼らがイスラム教の教えをいったいどう解釈し、どういう理由で人を殺しているのかはまったく想像できない」

・バングラデシュ人のイスラム教徒男性
「彼の家族のことを思うと、とてもつらい。(一連の暴挙は)イスラムの教えに反する。私たちは断じて支持しない」

・外国籍のイスラム教徒女性
「今回のニュースを知って、非常に悲しかった。イスラム国の行いは全く理解できず、許せない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00000565-san-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00010001-fukui-l18

実際に…

本日、4000件以上RTされているツイートから。

イスラム国 誤解1
イスラム国 誤解2
イスラム国 誤解3
イスラム国 誤解4

この内容には、

「イスラム人って…オイ」
「極少数だと信じたい…」
「でも、ある意味これも社会を雄弁に語ってる」

などの反応が返されており、実際にこのような誤解をしている人も少なくないのだろう。

上記のイスラム教徒からの声にもあるように、”イスラム国”はごく一部のテロリストであり、一般のイスラム教徒とは無縁の存在であることを周知したい。

今さら聞けないISIS(イスラム国)

https://twitter.com/tieela_with_you/status/557842242833244160/photo/1

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑