「週刊新潮」が19歳・名大女子学生殺人事件の実名と顔写真を掲載

公開日: : 最終更新日:2015/03/07 おもめNews, 事件

――「週刊新潮」が19歳・名大女子学生の実名と顔写真を掲載 「大人扱いでいい」との声も多く

名古屋市の無職森外茂子さん(77)を殺害した疑いで逮捕された名古屋大の女子学生(19)。

5日発売の「週刊新潮」では、女子学生の実名と顔写真が掲載された。

週刊新潮

参考元→http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020401001675.html

■「事件の残虐性と重大性に鑑み」

「人を殺してみたかった」などと供述しており、頭を斧で数回殴るなどして殺害、ショッキングな事件として大きく取り上げられた未成年の女子学生による殺人事件。

19歳であるため、基本的には実名や顔写真は報道では伏せられていたが、5日発売の「週刊新潮」が実名も顔写真も掲載していることが4日に判明。

記事は、女子学生の経歴や家族について取り上げた特集。

週刊新潮編集部は事件の残虐性と重大性に鑑み、19歳という年齢なども総合的に勘案した上、顔写真と実名を報道しましたとのコメントを出している。

これに対してネットでは掲載に賛成的な意見が多く、「大人扱いでいい」「事件があまりに凄惨だし仕方ない」といったものがみられる。

また、「ネットでいくらでも転がってるしなあ」「むしろまだ見てない人とかいるんだろうか」と、”今更” だという声もあった。

■ネットの反応

売り上げ部数増も勘案してって正直に言えば?

週刊誌は法律無視して良いの? それとも少年法と報道は別問題?

少年法第61条記事等の掲載の禁止には罰則がない

少年が逮捕された時点で規制の範囲外。逮捕者の情報をださないのは報道機関の自主規制。損害賠償も週刊誌が過去勝っている

むしろすべての情報を出すべき。こんな危険なやつが万一世間に出たら知っておかないとヤバイ

サカキバラも当時一部の雑誌が実名報道したらしいな

少年法マンセーとかつぶやいてて邪悪だし世間を舐めきってるから晒し者にするのは英断

こういう「実名商法」ももう流行らんやろね。ネットじゃあ、とっくに出てるもんね。

事件の残虐性、義務教育が終わってる事考えたら、当然だと思うけど・・・

被害者は未成年であっても名前も顔も晒される。なんで加害者側は守られるのか?釈然としない…

■ネットで見かけられる画像や動画

部活プロフィール

部活プロフィール

 

ツイッターで「ついにやった」「少年法マンセー」

ツイッターで「ついにやった」「少年法マンセー」

2014年 第44回ファイヤーストーム演舞会 伊吹おろし

https://www.youtube.com/watch?v=aua5vgoaXyk

■関連記事

【名古屋大生殺人事件】過去のツイートから残忍犯への関心、「高校時代には友人に毒を飲ませ障害が残った」との供述も

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑