26歳無職、スマホゲームに借金してまで課金 生活に困窮し2件の強盗殺人

公開日: : 最終更新日:2015/03/07 おもめNews, 事件

――ゲーム課金で借金、女性を殺して5千円とパンを奪った26歳無職男性を逮捕

課金ゲーに突っ込みすぎて借金。さらにそれで人を殺して強盗。迷惑過ぎるだろう…。

ソシャゲもいい加減に規制されればいいのに。

ソシャゲ課金

参考元
→http://www.yomiuri.co.jp/national/20150205-OYT1T50108.html
→http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0205/san_150205_1506877022.html

強盗殺人の容疑で再逮捕

昨年、前橋市で高齢者が相次いで殺害された事件。

三俣町の高齢夫婦殺傷事件で強盗殺人などの罪で起訴された()土屋和也被告(26)だが、同市日吉町で昨年11月に小島由枝さん(当時93歳)が殺害された事件についても、強盗殺人などの容疑で再逮捕となった。

警察の発表によれば、土屋容疑者は昨年11月、同市日吉町の無職小島由枝さん(当時93歳)の頭や首をバールで殴り、刃物で刺して殺害。土屋容疑者と小島さんに面識はなかった。

殺害後、現金約5000円とパン、菓子などを奪った。

調べに対して土屋容疑者は「間違いありません」と容疑を認めており、(面識のなかった)小島さん宅を狙った理由については「高齢者が住んでいると思われる古い平屋建てで、無施錠の家を狙った」と供述しているという。

起訴された三俣町の事件
同市三俣町無職川浦種吉さん(当時81歳)が殺害され、妻の二美江さん(80)が刺されて重傷を負った事件で、前橋地検は5日、土屋容疑者を強盗殺人罪などで前橋地裁に起訴した。

土屋容疑者

「人と接するのが嫌だった」

動機に関しては、スマホゲームへの課金で浪費、消費者金融3社から百数十万円の借金があったそうだ。「家の人に見つかれば、殺してでもお金や食べ物が欲しかった」と生活に困窮していたことを明らかにしている。

スマホの課金ゲームは平成23年頃から始めたとみられ、25年頃から消費者金融に金を借り始めた。

その後もスマホのゲームは続けていたが、昨年10月末には滞納を理由にスマホがストップ。11月にはガスが、12月には電気もとめられた。

そこまで生活に困窮していながら「人と接するのが嫌」との理由で仕事には就かず、昨年11月に事件を起こした。

小島さんの長女は5日、逮捕を受けて「まだまだ元気だった何の罪もない母を殺した犯人は絶対に許せない。悔しくて、寂しくて仕方ない」とのコメントした。

ネットの反応

ソシャゲ規制待ったなし

無職規制待ったなし!

百数十万円で26歳とかなんとでもなっただろ・・・

ゲームで借金て意味わからん…

課金して借金する人って本当にいるんだな。

どんだけ迷惑な奴なんだよ

借金までしてする事か? こいつは何の為に生まれてきたの?

ゲーム名とかも報道していいんじゃないかなあ

いい加減ソシャゲのガチャ周りは規制しろよ

二件の強盗殺人。動機もクソみたいな理由。死刑でいいでしょ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑