AKB48の握手会襲撃事件、梅田悟被告に懲役6年の判決

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 おもめNews, 事件

――「AKB48」の握手会でメンバーを切りつけた犯人に懲役6年の判決

昨年、岩手県で行われたAKB48の握手会にて、メンバーなど3人を切りつけた犯人に対し、盛岡地方裁判所は「無差別的な犯行で社会的な影響も軽視できない」として、懲役6年の判決を言い渡した。

岡田健彦裁判長は「残忍で一歩間違えれば命さえ奪いかねない危険な犯行だ」と述べた。

梅田容疑者

参考元→http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150210/k10015354391000.html

■「無差別的な傷害事案の中でも、責任は非常に重い」

昨年5月、岩手県滝沢市で行われたAKB48の握手会で、メンバー2人を含む3人がノコギリで切りつけられ大怪我をした事件。

青森県十和田市の無職・梅田悟被告(24)が傷害などの罪に問われた。裁判では被告は起訴された内容を認め、検察は懲役7年を求刑していた。

10日の判決では、盛岡地方裁判所の岡田健彦裁判長は「仕事が見つからず、つまらないという気持ちから、誰かに八つ当たりしてうっぷんを晴らしたいと犯行を企てたもので、無差別的な犯行だ」と指摘。

その上で、地裁は6年の判決を言い渡した

岡田裁判長は、「残忍で一歩間違えれば命さえ奪いかねない危険な犯行だ」「責任は重大で、無差別的な傷害事案の中でも非常に重い」と話し、

同じようなイベントが中止になったり、警備の強化を余儀なくされたりしたことにも触れ、「事件後、アイドルグループのイベントの警備態勢が強化されるなど社会的な影響も軽視できない」と説明した。

判決のあと被告の弁護士は、「控訴するかどうかは被告と話し合って決めたい」と述べた。

■ネットの反応

「随分重い量刑だな」というのが率直な印象

求刑のときも書いたけど6年ぐらいじゃまだまだ川栄ファンいそうだから、もうちょっと刑務所にいたほうが安全やで

初犯で6年だから重い方かもしれん。まああんだけ世間に衝撃を与えたから仕方ないか

まだ地裁の判決なので今後の動向に注目

この事件によって多くの人が経済的な損失及び間接的な負担、損失を被った事実に対して、情状酌量の余地はないと個人的には思う

執行猶予無しなんですね。そうこなくっちゃと言わざるを得ない

死なせても10年とかってケースがあるのに傷害で6年か。意外と重かったなとは思う

社会的に影響が大きかったから仕方ないね

塀の中のが安全なんじゃないかと思えるのが怖いところ…。当分出てこない方がいいんじゃない…?

当時のニュース。「誰でもよかった」

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑