クルド人部隊、ショベルカーを改造した手作り戦車サンドクローラーでISILから要衝奪還

公開日: : おもめNews, その他

――クルド人部隊、ショベルカーを改造した手作り戦車サンドクローラー(砂漠の芋虫)でISILから要衝の奪還

クルド人すげえ。

日本ではカメラマンがシリアに行かせろと駄々こねてる間に、「イスラム国」に反撃しまくっている模様。

しかも、反撃にクルド人部隊が繰り出したのが”手作り戦車”。

ショベルカーを改造した無骨な作り、第一次大戦時の戦車を彷彿させるようなレトロな車両にも関わらず確実な戦果に、ネットでも注目を集めているようだ。

特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)

特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)

参考元→http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100002-n3.html

■手作り戦車でISIL撃破

過激組織「イスラム国」とシリアやイラクで戦っているクルド人部隊が、他国からの武器供与が望めない中、ショベルカーなどを改造した手作りの戦車を使って地上戦を展開している。

正式には特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)という戦車で、ショベルカーなどの建設機械を元に、寄せ集めの鉄板や装甲板を張り付け改造。

形はユーモラスだが、7・62ミリ機銃と20ミリ機関砲を備える戦闘車両で、時速は8~32キロ。

100年前の第一次世界大戦の戦車を彷彿とさせる外観と武装でありながらも、米国(及び連合)の空爆効果が限定的とされる中で、地上戦により部隊は要衝を奪還するなど成果を挙げている。

特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)1
特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)2
特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)3
特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)4
特殊装甲戦闘車両サンドクローラー(砂漠の芋虫)5

なぜこのような戦車を苦労して作ることになったのか。

十分な武装もないクルド人の民兵組織、人民防衛隊(YPG)と街に残された住民たちが立ち上がり、攻防戦を展開したのがキッカケだそう。

彼らは攻防戦を展開。この陸戦に呼応する形で、連合もコバニ周辺の拠点を空爆。さらには国籍や政治信条を超えて周辺各国からクルド人兵士が集結したという。

こうした戦闘のなかで、クルド人部隊は独自の「戦車」を作り出した。

youtubeには、クルド人部隊が地雷や対戦車ロケット弾を用い、イスラム国の戦車を破壊する映像を公開しているが、実は戦車を喉から手が出るほど欲したのが他ならぬクルド人部隊。

他国からの供給がない中で、ついに自分たちで作り上げたのが「サンドクローラー」だ。

■ネットの反応

クルド人部隊すごすぎワロタ

まあ、「ISISを撃退してシリア内の活動拠点と重武装を手に入れたクルド人勢力」というのはイラクやトルコにとっては新たな火種だからなぁ

これが最新の戦車というのは冗談とかではなく転換期なのかもしれない。先進国の高価な最新戦車はテロ相手だと役不足になってしまう。

ゲーム機のコントローラーで走ってる戦車ってある意味凄い未来を生きてる感ある

こいつが一生懸命走ってる姿とか萌えるな

ロボットとかに変形しそう

ゲリラ組織は時々創ってるみたいだね。でも、安い硬くない鉄使ってるから耐久性の問題があるんだろうな

ISILにF-22の空爆とか、明らかにオーバーキルだしコストが掛かって仕方ない。本当に有用なのはこういう手作りでも地上で使える戦闘車両の投入

クルド人部隊が自分達で必死に戦おうという意思が伝わってくる

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑