名護市のサンゴ、コンクリートブロックで下敷きに 普天間米軍基地の移設準備により

公開日: : おもめNews, 政治

――名護市のサンゴ、コンクリートブロックで破壊 普天間米軍基地の移設準備により

中国漁船による赤珊瑚密漁が問題になる一方で、日本も自らサンゴを破壊…。

普天間米軍基地の移設を巡って、海底ボーリング調査の再開に向けた準備として、防衛局が海中に投入したコンクリートブロックにより海底のサンゴが下敷きにされ息絶えたそうです。

県も事態を問題視して検証に乗り出しています。

サンゴ コンクリートブロックの下敷きに

参考元→http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101001454.html

■辺野古のサンゴ礁、コンクリートブロックの下敷きに

11日、市民グループの潜水調査で、沖縄県名護市辺野古のサンゴ礁が、沖縄防衛局の投入したコンクリートブロックにより下敷きになり損傷していることが判明した。

コンクリートブロックは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、海底ボーリング調査の再開に向けた準備として投入されたもの。

防衛局が沖縄県に提出した文書などによると、ブロックは重量10~45トン。

米軍や工事関係以外の船舶航行を禁止する臨時制限区域を示す浮具(フロート)などを固定するため、数十カ所で投下。

市民グループは「ヘリ基地反対協議会」のメンバーで、2月上旬に潜水し、少なくとも5カ所で損傷を確認。県も事態を問題視して検証に乗り出している。

また、別ソースによれば、このブロックとサンゴが見つかった海域は、翁長知事体制の沖縄県が防衛局に対して活動を許可した海域の外側だそう。

反対の圧倒的民意を示している普天間米軍基地の移設だけに、強行して工事を進め、しかも許可の外で、さらにサンゴも破壊したとなれば非難は確実でしょうね…。

米国内からも「沖縄の民意は強硬であり、辺野古への移設は困難だ。米軍基地をある程度沖縄から分散させるべきではないか?」 という意見も出始めているとの声もあります。

■ネットの反応

沖縄の民意を踏みにじるだけでなく、世界中の愛好家が愛する世界的にも評価が高い沖縄の海の環境をも破壊する愚行

3万年かけて育ったサンゴが…(;´;ω;`)ノ

中国漁船による赤サンゴ密漁に抗議する一方で、辺野古のサンゴ礁は平気で押しつぶす安倍政権

日本政府が怒りのサンゴ破壊テロ

「美しい国」を標榜する愚かな政府により、日本が誇る「美しい海」が破壊されている

辺野古より那覇空港の新滑走路の方が遥かに自然環境への影響は大きいのにこちらに文句を言う人はいないのはなぜ?

良心の呵責はないのだろうか?誰の糧にもならない無意味な破壊行為

自然破壊は悲しいけど、この抗議者たちは中国の密猟で破壊されたサンゴ礁をみて声を上げたんですかね

中国のサンゴ泥棒とどっちが悪いんだろう。サンゴを宝石として使うか、飛行場組み立てるだめにズタズタにするか。わたくしには判断つきませぬ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑