大分のコンビニで「万引き」届けた小学生を犯人扱い 店側謝罪

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 おもめNews, その他

――大分のコンビニで「万引き」届けた小学生を犯人扱い 店側謝罪

これは酷い。どのコンビニか公表してもいいのでは…。

大分県日田市のコンビニで、万引きされていた商品をお店届けた小学生6人を店側が犯人扱いし、警察に通報。

その後の警察の防犯カメラなどの分析で児童らは無関係だということが判明し、店側は謝罪しましたが、善意を逆にとられたショックは子供には大きかったようで、一人は一時学校を休んだということです。

コンビニ 万引き

参考元→http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000e040203000c.html

■”善意”の届け出、犯人扱い

大分県日田市のコンビニエンスストアで、万引きを届けた児童6人を経営者が容疑者扱い、保護者を呼び出し警察に通報していたことがわかった。

その後の捜査で、万引き犯は別人物であったことが判明し、当初から「自分たちではない」と否定していた児童らは善意を逆に取られ、ショックが未だ癒えていないという。

7日の朝、小学3~5年生の6人がこのコンビニで買い物をした際、2袋の遊戯用のカードが破られ(カードが抜き取られ)床に落ちているのを見つけ、店員に届けた。

翌日、コンビニの経営者は児童らと保護者を呼び出し「破ってカードを盗んだんだろう」と問いただした。

児童らは「何もしていない」と否定したが、店側は警察に通報。児童ら6人は県警日田署で個別に事情を聴かれた。

その後、警察による防犯ビデオの分析で6人は無関係だったことが判明。経営者らは謝罪をしたが、泣きじゃくる児童もいたといい、ショックで一時学校を休んでいた児童もいた。

問題のコンビニチェーンの本部(東京)広報センターは「経営者から『口頭で謝罪した』との報告があったが、更に事実関係を確認し、きちんと対応する」とコメントしている。

■ネットの反応

酷いニュースだな。私が子供の頃こんな目に遭ったらと考えるともうね

いくら謝罪しても傷は回復しないので「勇気ある少年」と持ち上げて名誉を回復するアメリカ方式で対応してはどうか

その場でではなく翌日に呼び出しているので防犯ビデオを見る時間はあったはず

これはトラウマになるよ

コレは酷い…完全にトラウマになるよね…折角良いコトしたのにね。

善意を仇で返されるのが当たり前になってきたからな

学校と警察は有耶無耶にせずちゃんとこの事件の引き継ぎを中学まで。間違った情報はいつまでもつきまとう

何これどこの国の話?ここでは善意の届け出も「疑われるから止めとけ」って教えるの?

アメリカだと億の単位の訴訟になりそう

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑