熊本の高校授業、NHK「追跡『イスラム国』」を教材として使用 生徒2人が過呼吸に

公開日: : おもめNews, その他

――熊本の高校授業でNHK「追跡『イスラム国』」を教材として使用 生徒2人が過呼吸に

前記事
名古屋市小学校の授業、イスラム国に殺害された遺体画像を修正なしで見せ問題に

「イスラム国」に殺害された遺体画像を修正なしで授業使用 栃木の中学校でも

熊本の高校で、IS特集番組を見せて生徒2人が過呼吸症状になっていたことが判明。

しかし、前に問題となったケースとは異なり、Youtube等の動画を見せたわけではなく、テレビ放送された特集番組だったということもあり、「これは教師には責任ないでしょ」「耐性流石になさすぎないか?」「IS関連の授業はもう口頭だけにしろよ」といった意見が多いようです。

IS特集番組で生徒過呼吸に

参考元→http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022501001108.html

■教諭「過激派は一部にすぎないことなどを伝えようと思った」

熊本市立の高校2年生の授業で、イスラム過激派組織ISのテレビ番組を見せたことにより、女子生徒2人が過呼吸の症状になっていたことが25日に判明した。

市教育委員会によれば、授業は20日の午前9時頃、世界史の授業で40代男性教諭が教材としてIS特集番組を使用。

使われた番組は1日に放送されたNHKの「追跡『イスラム国』」だったという。番組内では、モザイクはかかっていたものの、人が射殺されるシーンがあり、ナレーションと音で射殺場面と推察はできた。

女子生徒2人は保健室で休養し、教諭は授業を中断。2人はその日のうちに授業には戻ったものの、市教委から教材選びなどについて高校を指導した。

また、高校によれば、教諭は他の3クラスでも同じ番組を教材として使用していたが、ほかに体調不良を訴えた生徒はおらず、教諭は「過激派は一部にすぎないことなどを伝えようと思った」と話しているという。

市教委は授業の狙いには理解を示しているが、その上で「教材は慎重に扱うように」と、高校に口頭で指導した。

■ネットの反応

これは教論になんの問題もない。きちんとNHKが編集した番組を教材にしただけなんだか

放送されたTV番組でしょ?それ教師の責任なわけ?

イスラム国に関しては、言葉で説明する程度で抑えておくのがいいのですかね。

いい加減にしなさい、生徒が可哀想だ。こういう事する教師は人格にも問題があるんじゃないの

TVニュース程度だとフィクションや他人事のようにしか認識できない今の腐れ大人達だらけになってしまうので、何らかの形では伝えるべきだが、多感な時期の子達への伝え方は難しい問題

ショッキングな映像を生徒に対して不用意に見せるのは暴力行為だということを教育現場は学習しておこうね

youtubeならともかくNHKならしょうがないんじゃね。学校としても形式上注意しなくちゃ不味いから口頭注意って事で特に問題とは思わない

えー・・・耐性低すぎと言うべきのような

小学生の頃、体育館に集められて原爆の悲惨な写真をたくさん見せられ、気持ち悪くなってゲロはいたりしてたけどそれでもその教育は続いたけどな。何が違うんだろうな。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑