英国の少女、IS戦闘員との結婚目指しシリア渡航相次ぐ

公開日: : おもめNews, その他

――英国の少女、IS戦闘員との結婚目指しシリア渡航相次ぐ 少なくとも8人に

前記事
イギリスの十代少女3人がシリアへ IS参加の懸念

欧州で過激派組織ISへの参加、および戦闘員との結婚を目指し、シリアへ渡航する少女が後を絶たないという。

先日の3人の少女はシリア入りしたとの情報が明らかになり、これで昨年夏から計8人となった。

英紙・デイリーメールは「当局はインターネット上の闘いで敗北している」としている。

イギリス少女 シリア渡航

参考元→http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022501001614.html

■10代少女をおびき寄せる組織の宣伝

24日、英国の警察は15~16歳の少女3人がシリアへ入った根拠を得たことを発表。

欧州ではイスラム過激派組織ISの戦闘員と結婚しようとシリアを目指す少女が後を絶たず、英国でも昨年の夏からISに加わるために渡航した女子生徒は少なくとも計8人となった。

実際には警察や家族が公表しないケースも多く、その数はもっと多いようだ。10代の少女をおびき寄せる同組織の宣伝を前に「当局はインターネット上の闘いで敗北している」(英紙デーリー・メール)のが現状だ。

「聖戦」に参加するためシリアに渡った英国人は約600人。うち1割ていどが女性と推定されており、一部は勧誘活動にも関与。

ツイッター上には、「シリアでの結婚を仲介する」とした掲示も存在しており、英紙タイムズによれば、同組織の関係者は英国の少女らにシリアへの渡航費も提供しているという。

■ネットの反応

そもそもテロに加担しようとする理由は何なの?

日本にもテロリストに同調し、政権批判する連中がいますからねぇ

おそらく社会の底辺で暮らす少女達。英国の階級制度の矛盾。かつてはその矛盾がパンクロックなど新しいムーブメントを起こしたが…

元々あっちからの移民の子じゃないのか?

どこの国にもいるのか…。親は?周囲の人間は?

スペインではIS入団サイトに千人も登録してるし、欧米の闇は深い…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑