18歳少年の父親、息子の自供にコメント「大変ショックで言葉もない」→被害者への謝罪はナシ

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 おもめNews, 事件

――18歳少年の父親「息子は無関係」→自供に対し「大変ショック」とコメント

逮捕直後は「息子は同時刻に家にいた」とアリバイを説明していた18歳少年の父親。

しかし、18歳少年が容疑を認める供述を始めたとの報道を受け「大変ショックを受けている」と代理人を通してコメントを出したようです。

息子の(嘘の)アリバイを証言していたわけだけど、これは共犯にはならないんでしょうか…。

18歳少年の父親コメント

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00000057-sph-soci

■父親がコメント

川崎市の事件で、逮捕されたリーダー格の18歳少年の父親が2日、代理人を通してコメントを発表した。

容疑を認める供述を始めたとの報道に大変ショックを受けている、言葉がない、との心境を語っている。

以下、父親のコメント。

 「今回は、息子が警察に任意同行すら求められていない時点で、ネット上で息子が犯人ではないかという情報が流れたため、自宅前が騒然として近所の方にご迷惑かける事態となってしまいました。そこで私はそのような事態をなんとか収めたいと思い弁護士の先生に相談をお願いしました。

 また、私が息子に確認したところ、既に一部報じられているとおり、息子は今回の殺人に関与してはいない。ただ、目の周りにアザが残る傷害には関与しているという話をしていました。そこで息子自ら警察に行ってきちんと話をした方がよいと言うことで、先週金曜日の朝、息子は川崎警察に任意出頭致しました。

 そういう経緯がございますので、今回息子が殺人容疑で逮捕されたこと。そして、そのことについて息子が認めているという報道を聞いて、大変ショックを受けており、これについて今はまだ言葉が見つかりません。

 息子には、自分の知っていることは全て話をして、真摯に捜査に協力して欲しいと伝えたいです。また私自身も、警察に対して正直にお話しし、捜査に協力していく所存です。

 皆さんにはご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません」

■逮捕直後には息子のアリバイを証言

18歳少年は逮捕直後、村君の死亡推定時刻の20日午前2時頃は「家にいた」とアリバイを話し、容疑を否認していた。

これについて、逮捕前に父親から依頼を受けた弁護士によると、父親も「息子は同時刻に家にいた」と説明していた。

また、事件については「犯人には相応の罰を受けてほしいと思います。ただ、息子は無関係です」と答えていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00000035-spnannex-soci

■ネットの反応

みなさんもコメントされてますが、ほんとに被害者の方への謝罪が無いことに驚きです

えっ、アリバイを証明してましたよ。嘘なの?貴方それ罪になりますよ。懲役10年以下確定か?

弁護士さんの作文はお上手なようですが、やはり殺害された子やご遺族へ申し訳ないという気持ちはないんですね

この親父のコメントって、被害者みたいだよね。こんな時にすぐ言葉が見つからない奴が親とはね。被害者に謝罪でしょ…謝っても済まない問題だけど

こんな親だからこういう子供に育ったんじゃないの?

さぁ弁護士どうする?名誉毀損案件から殺人弁護に変わった

逮捕前にインタビュー受けた時と全く違うな

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑