白骨遺体で見つかった5歳の子 「パパ」とすがるのを置き去りに餓死させた父親

公開日: : 最終更新日:2015/03/30 おもめNews, 事件

胸がしめつけられる・・・。

神奈川県厚木市のアパート一室で斎藤理玖ちゃん(当時5歳)が白骨遺体で見つかった事件(5月30日)で、本日9日、逮捕された父親の供述内容が分かった。

 

 

 

<記事の要点>

・神奈川県のアパートで白骨遺体の男児が見つかる。父親の斎藤幸裕容疑者(36)を逮捕。

・供述「仕事が忙しくて週1,2しか帰れずご飯をあげられなかった」「痩せた経緯がバレるのが怖くて病院にも連れて行けなかった」

・また、生前最後に姿を見たのは理玖ちゃんの死亡に気付く約1週間前で、「立ち上がることもできず、か細い声で『パパ、パパ』と呼んでいた。その場にいるのが怖くなり、1時間も一緒にいられずに家を出た」という。

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/8917719/

 

また、母親の方は夫からのDVに耐えられず以前に家を出ており、その後一度もアパートには帰っていなかった。

りくちゃんは平成19年頃死亡したものと見られ、母親は平成17年の春に家を出ている。

参考元→http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140603/crm14060313010004-n1.htm

 

 

<このニュースに対する声>

ほんとかわいそうでならない。好きでこんな親の元に生まれたわけじゃないのに

何で母親は家出るときに連れていかなかったの?何で父親は児童相談所に相談しなかったの?

読むんじゃなかった・・・ちょうど五歳の息子がいるからよけい辛い

忙しくても飯置いてくぐらい出来る

自分はのうのうと飯食ってたんだろ。同じように餓死させろ

DV夫が預かってる子供を心配しない女も狂ってるな

母親も同罪。自分だけDVから逃げて子どもは置き去り。両方とも地獄に落ちろ。
親になる資格も資質もあり望んでいるのに子宝に恵まれない夫婦もいれば、人の親になる資格もないのに親になってしまう人間もいる。世の中理不尽だよな。

 

 

 

哀しい。あまりにひどい。

どれだけ仕事が忙しかろうが、ご飯をあげる時間くらい作れる。作る気がなかっただけだ。それに子供がいて一人手で育てる親に週1しか帰らせない職場が問題にならないわけがない。本当ならば公表すべきだ。

DVをして、子供を餓死させられるような父親のこんな供述なんてとてもじゃないが信じられない。

母親も同じだ。

家を出ていたから知りませんでしたなんて通るわけがない。自分を苦しめていたDV夫の元になぜ子供だけ置いて行けたのか。なぜその後心配してやれなかったのか。様子を見る方法なんて考えればいくらでもあったはずだ。様子を見に行きたくて仕方なかったはずだ。

どちらの親もおかしい。

5歳の子供なんて「恨み」なんて感情も持たずにただ「パパ、パパ」と父親を慕い、助けを求めて呼んだだけだろうに、なぜこんなことが出来てしまうのか。

あまりに哀しい事件だ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑