大阪で問題児を隔離する「個別指導教室」が導入予定

公開日: : 最終更新日:2015/03/30 おもめNews, 政治

悪質な問題児を「個別指導教室」、有り体に言えば「隔離」する制度が導入されるかも。

大阪市の教育委員会は橋下徹市長と先日(6月10日)協議会を開き、「個別指導教室」の新設を提案した。

橋下市長

大阪市教委は10日、橋下徹市長と教育行政について議論する協議会を開き、市立小中学校で悪質な問題行動を起こす子供を各学校から一定期間引き離し、経験豊富な教員らが対応する「個別指導教室」の新設を提案した。

全文を読む→http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140610/wlf14061013520015-n1.htm

 

<記事の要点>

・問題児を”隔離”する個別指導教室の設立を教委が提案。経験豊富な教員らが対応する。

・橋本市長「特別な体制を組んで子供に合わせた指導を行うことを否定する理由はない」と了承、「問題のある生徒の行為で、真面目な生徒がバカをみることはあってはならない」とも強調。

・問題行為をレベル1~5まで分類して、当教室にはレベル4,5の生徒を対象とする予定。

・学校現場では歓迎の声も多いものの、「レッテル貼りに繋がる」などの懸念や実際に導入出来るかどうかの心配、またこの教室が出来たとしても自発的に通い続ける生徒はいないのではないかとの指摘もある。

 

 

<レベル1~5までの分類マニュアル>

レベル1~5 問題児分類

レベル1 
反抗的態度、無断欠席、服装・頭髪違反 
担任・学年主任で対応

レベル2
軽度の暴言や器物破損、授業妨害
保護者を交えて管理職が対応

レベル3
喫煙、暴力、無免許運転
警察やソーシャルワーカーと連携し校内指導

レベル4
傷害行為、窃盗、危険物・違法薬物の所持
出席停止、警察と連携して家庭や校外で指導

レベル5
重度の障害行為、凶器の所持、放火
警察に通報、児童福祉施設などと連携

 

 

<ネットの反応>

これは橋下gj

こういうのって人権屋は反対するのかね。教育委員会が提案したようだけど

隔離は賛成だけどレベル5とか大丈夫なんか?物理的にも精神的にも先生死ぬんじゃないの

当たり前だ。学ぶ権利とか言うが1人の屑生徒のために他の30人が迷惑被る理由はない

子供が隔離されて恥ずかしいと感じ我が子をを叱り飛ばし。他の生徒にに頭下げるような親が多ければ効果はあるだろう。恥をかかされたと学校を恨み逆ギレするような親には効果なし

能力バトルかよ

 

 

 

レベル5は学園に7人とかしかいないんですかね。

実際これはありなんじゃないでしょうか。すでに成績別でクラスを編成したりしている学校もたくさん存在しますし、問題児の隔離に反対されるようなら、逆に普通の生徒を隔離という体を取ればいいのでは。どのくらい機能してどのくらい効果があるのかまでは今の段階では分かりませんが…

というか、レベル4とか5とか少年院送りのレベルなんだけど…w

モンスターペアレントとか人権だの学ぶ権利だの権利ばかり主張しすぎた結果ですよね。過度に問題視し過ぎた結果がこれなんだから受け止めないとダメだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑