「八紘一宇」とは…三原じゅん子が「誇るべき考え」発言で物議

公開日: : おもめNews, 政治

――三原じゅん子「八紘一宇は世界に誇るべき日本の考えかた」発言で物議醸す 麻生太郎が答弁

16日の参議院予算委員会にて、三原じゅん子参議(自民党) が、「皆様にご紹介したい言葉」前置いた上で、「八紘一宇は世界に誇るべき日本の考えかた」だとの趣旨の発言をし、物議を醸している。

「八紘一宇」というのは、平たく言えば「世界は一家、人類は皆兄妹」といった意味の言葉。昭和15年(1940年)第二次近衛内閣の基本国策要綱、大東亜共栄圏の建設の精神として掲げられた。

動画で紫のスーツ、福島みずほ議員あたりはスゴくソワソワして見えますね…。

■「八紘一宇」の表と裏

八紘一宇

三原じゅん子氏の話す通り、神武天皇(初代天皇)が即位されたときの言葉が由来ではあるのだが…。

この「八紘一宇」という言葉に関して、これまでの評価は様々だ。

東京裁判で検察側は「八紘一宇の伝統的文意は道徳であるが~(中略)~軍事侵略の手段は、八紘一宇と皇道の名のもとに繰り返し唱えられ、武力による世界支配の象徴となった」と述べている。

また、昭和32年には文部大臣松永東が、「戦前は八紘一宇ということで、日本さえよければよい、よその国はどうなってもよい、よその国はつぶれた方がよいというくらいな考え方から出発しておったようであります。」と発言している。

一方で、八紘一宇の考えが欧州での迫害から満州や日本に逃れてきたユダヤ人やポーランド人を救済する人道活動につながったとの評価もある。

どちらにせよ、政治家が使えばパッシングを受けることが容易に想像できる言葉であり、今回の三原じゅん子氏の発言にも多くの意見が寄せられている。

八紘一宇 Wiki

■ネットの反応

しかし近代日本の八紘一宇概念をとりあげるなら、なぜまっさきに田中智學を参照しないのか、とかいろいろ突っ込みたくなる

普通に人類皆兄弟と言えば良かっただけ…わざわざ 国会で今時、ほとんどの人が知らないだろう八紘一宇って言葉を引用しなくても

八紘一宇が素晴しいって、日本がまた戦争起こすんですかね

周りの議員も良く真面目な顔で聞いてられるな

色んな説があるようだが、「八紘一宇」は田中智学の造語であることは間違いないようだ

八紘一宇の意味について彼女は戦時中に使われた意味で使ってないじゃん。ちゃんとルーツも話してるのに流石にその反応の仕方はどん引き

予算委員会で言わなくても・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑