中国軍Su27戦闘機が自衛隊機に異常接近。日豪協議への牽制か?

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 おもめNews, 事件

またか…

中国軍機が異常接近。

Su27戦闘機

参考元→http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140611/plc14061117530014-n1.htm

 

<記事の要点>

・本日6月11日の午前11時頃と正午頃に、東シナ海の公海上空にて中国軍機が異常接近(数十メートルの近さ)した。

・接近してきたのは、Su27戦闘機が2機、海上自衛隊のOP3C画像情報収集機と航空自衛隊のYS11EB電子情報収集機に接近。

・領空侵犯、自衛隊機や自衛隊への被害、レーダー照射はなかった。

・6月11日の夜には、日豪両政府の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が開かれるため、「中国側が牽制しているのではないか」との見方も。

 

5月24日にも同じような接近があり、その際にも、自衛隊機の後方から近づき、うち1機ずつがそれぞれ50メートル、30メートルまで接近している。警告射撃がなく、通常ならば緊急発進(スクランブル)の際に行う無線による警告などもしなかったことから、自衛隊機の威嚇行動に出たとみられる。

 

 

<ネットの反応>

撃墜されんとわかってるから、挑発してくるのやろうね、改憲はよ

自衛用の空対空ミサイル位は装備して欲しいな。

自衛隊の非武装機に、ミサイル搭載した戦闘機を異常接近させるなんて卑劣極まりない行為!同じことをミサイル搭載したF-15に出来ないくせに…。

これがもし逆なら問答無用で撃墜されてるんだろうな…(´・ω・`)

同じ土俵にのらない。

 

 

■Su27戦闘機

Su-27(スホーイ27、スホイ27;ロシア語: Су-27 スー・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)は、ソビエト連邦で設計・製造された戦闘機である。現在でもロシアを中心とする旧ソ連諸国や第三世界で使用され、極めて強力な格闘性能、長大な航続距離を有する。

Su27戦闘機wiki

 

■OP3C画像情報収集機

西側諸国を代表する哨戒機で、アメリカ海軍や日本の海上自衛隊他、多くの国で運用中である。

OP-3Cは、海自向けの画像情報偵察機。4機改造。MADブームを降ろし、胴体前部下面にバルジが増設されている。センサーとして、SLAR(側方画像監視レーダー)またはLOROP(長距離監視センサー)を装備。乗員10名。第31航空群第81航空隊に配備。

P-3 (航空機)wiki

 

■YS11EB電子情報収集機

電子戦を重視して設計・装備された航空機。

YS-11EB(ELINT機)wiki

 

 

 

あまり過敏に反応するのもどうかと思いますし、公海上の航行中なのである程度は仕方ないとは思いますが…。

それでも中国のやることは相変わらず無茶苦茶ですね。自衛官の命だけが本当に心配です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. シャネル時計 買取価格 より:

    売れ筋★高級レザー!男女の財布!ロレックス デイトナハイブランドの一流アイテムをお手頃価格でご提供。
    送料無料★20気圧クロノグラフ搭載人気メンズ腕時計★
    プレゼントに当店オススメなGAGA MILANO
    GAGA MILANO 最安値に挑戦中!
    温もり溢れるレザー財布がズラリ!福を呼び込む春財布
    当店人気の海外ブランドが最安値挑戦価格!要チェック
    水をはじくリバティボストン
    軽量生地を使用した大容量ボストンバッグ
    当店人気NO.1!女子に嬉しいたっぷり収納レザー長財布
    シャネル時計 買取価格 http://www.bag78.net/brandcopy-l-18.html

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑