「エコキャップ運動」で回収のペットボトルのフタ、NPOが寄付していなかった…

公開日: : おもめNews, その他

――「エコキャップ運動」で回収のペットボトルのフタ、NPOが寄付していなかった事が判明

ワクチン代になっていなかった模様。

正直、氷山の一角で、他にもこういうケースはあるんじゃないかと疑ってしまいますね。

ペットボトルキャップのフタを回収し、世界中の子供達のワクチン代にしようと呼びかけていたNPO法人が、売却益があったにも関わらずワクチン代に寄付していなかったことが判明したようです。

ワクチン代

参考元→http://www.asahi.com/articles/ASH495W6ZH49OIPE01Y.html

「世界の子どもたちにワクチンを届けよう」

ペットボトルキャップのリサイクルを進めるNPO法人の「エコキャップ推進協会」(以下、エコ推)。

2013年の9月以降、売却益があったにも関わらず、ワクチン代に寄付していなかったことが判明した

9日、矢部信司理事長は朝日新聞の取材に対して、事実関係を認めているそうで、「協力者を裏切り申し訳ない」と謝罪。今後の方針は近いうちHP上で明らかにするとしている。

07年に設立されたエコ推。

リサイクル業者を通じて得たキャップ売却益の一部を、NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」(JCV)に寄付してきた。

JCVはユニセフを通じ、ワクチンを途上国に届ける活動をしており、主な財源はエコ推からの寄付。

JCVによれば、12年には2700万円、13年(8月末)には3500万円の寄付をエコ推から受けたという。しかし、エコ推の事業報告書によれば、13年度の売却益は約9000万円の寄付収入があり、キャップを集めた学校などには、ワクチンへの活用を示唆する「ワクチン○人分」と記載した受領書を”今も”渡している。

矢部理事長は、寄付をしていない理由について「障害者施設と連携してキャップのシールをはがしてもらうなど、リサイクルの仕組みづくりに集中しているため」と説明。職員の待遇改善も進めたという。

ネットの反応

こいつら前々から胡散臭いと思っていたんだ

前にも同じようなニュースを見たような・・・一生やらん

NPOって、いいかげんなのも多いからなぁ…。 しかしこれはひどい話。

ペットボトルのフタ回収はうちの子の学校でもやってる。これを機にリサイクルとか効率とか勉強するといいんだけど

代表がくすねてるんだろうなぁ。そもそも手間と運賃かけてペットのキャップ集めるのがほんとにエコか微妙なところ

直接寄付した方がまだマシだと思って分別なんぞしてなかったけど、遂に意義すら無くなったか

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑