ISILが古代アッシリアのニムルド遺跡を爆破する動画を公開

公開日: : おもめNews, その他

――ISILが古代アッシリアのニムルド遺跡を爆破する動画を公開

貴重な遺跡が…。

ユネスコなどは「戦争犯罪だ」と強く非難しているようです。

イスラム過激派組織IS(イスラム国)が、古代アッシリアの都市、ニムルド遺跡を破壊、爆破する動画を公開しました。

ニムルド遺跡

参考元→http://www.afpbb.com/articles/-/3045172

完全に破壊したとみられる動画が公開される

11日、イスラム過激派組織IS(イスラム国、ISIL)はイラク北部にある古代アッシリアの都市であるニムルド遺跡を破壊し爆破する動画を公開。時事ドットコムなどが報じた。

ニムルド遺跡は、ISが支配するモスルの南東約30kmのティグリス川沿いにある。イラク政府が3月に「破壊された」ことは発表していたが、どの程度破壊されたのは不明だった。

動画では、壁にアッシリアの神々が彫られた室内で、戦闘員らが粉末を満たした大きな樽を設置。

動画の終盤には、IS戦闘員の一人が「偶像崇拝を一掃して一神教を伝えられる場所があれば、われわれはいつでも実行する」と述べる。

続く映像では、大規模な爆発で、砂埃がキノコ状に立ち上る様子が映し出されており、同遺跡が完全に破壊された可能性が示唆された。撮影日は不明。

ISは、同じくイラク北部にある世界遺産のハトラ遺跡を破壊する映像もインターネット上に公開していて、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が「戦争犯罪だ」として強く非難していた。

ニムルド遺跡

ニムルド遺跡2

ニムルド(Nimrud)は現在のイラク北部ニーナワー県にある、古代アッシリアの重要な考古遺跡。

ニネヴェ遺跡の南方、現代の都市モースルより南東30kmにありチグリス川に面している。遺跡の範囲は41平方kmにおよぶ。

アッシリアの時代にはカルフと呼ばれる都市であり、一時はアッシリア帝国の首都でもあった。後のアラブ人は都市の遺跡を、狩人の英雄でありアッシリア地方の強力な王であったニムロドにちなみ、ニムルドと呼んだ。

ニムルドは旧約聖書に登場する都市カラフの場所と同定されている。

ニムルド wikipedia

ネットの反応

ニムルドが・・・。嘘であって欲しい。人類の大切な歴史。取り返しがつかない

いとも簡単だったろうよ、遺跡は抵抗しないしな

こいつらのこういう文化財破壊のニュース見るたび凄い脱力感に襲われる

ニムルド遺跡、全壊。もはや悲鳴が声にもならない

考えることを止めた人間ほどタチの悪いものはないな

他者にとってはお前らにとってのカーバ神殿を破壊するのと同じ意味合いを持ってると何故わからん

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑