取手市でクロスボウで撃たれた男性、矢が刺さったまま自転車で帰宅

公開日: : おもめNews, 事件

――取手市でクロスボウで撃たれた男性、矢が刺さったまま自転車で帰宅

自転車で帰宅途中にふくらはぎに矢が刺さる…。

「いつの時代なんだ」との声から「そのまま自転車で帰宅した」という男性にも驚きの声があがっているよう。

全治2週間の怪我のようで、命に別状はないようでよかったです。

犯人は傷害事件として、現在警察が調べています。

クロスボウ 取手市

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/10007709/

矢がふくらはぎ付近を貫通

15日の午前1時50分頃、茨城県取手市東の県道で、自転車に乗って帰宅途中の男性会社員(47)が、クロスボウのようなもので撃たれて足に怪我を負った。

男性はJR取手駅からの帰宅中に、右足に激しい痛みを感じたそうで、確認すると矢が貫通していた。

男性はそのまま自転車で約1キロ離れた自宅へと戻り、妻が男性を車に乗せて病院へ搬送、警察に「夫が矢を撃たれて帰ってきた。」と通報した。

矢は約40センチ、直径約8ミリ。

貫通していた右足は、ふくらはぎから足首にかけて貫通しており、全治2週間と診断された。男性は自宅で治療中とのことだ。

茨城県警取手署は傷害事件として捜査を開始。

矢はクロスボウ用のものとして市販されているものとみられており、届け出等は必要ないそうだ。

撃たれた男性は「誰に撃たれたか分からない」「トラブルの心当たりはない」と話しているそうで、同署は現場付近の防犯カメラの映像解析などから捜査を進める。

事件当時は雨が降っており、男性は傘をさしながら歩道を自転車で走行していたとのこと。

ネットの反応

被害者とは同世代、鍛え方が違うんだろうな(;´∀`)

通り魔か、脅迫か。射撃の予兆なんてわからないですよね

こういうこと絶対あると思った。拳銃が日本で解禁になったらあちこちでこういうことが起きそう

自転車に乗ってたらいきなり…って恐ろし過ぎる。飛び道具なんて気をつけて防げる物でもないから、早く犯人が捕まって欲しい

グンマーかと思ったら、茨城かよ 矢で人を射るとか、戦国時代じゃねぇんだからさぁ

右足のふくらはぎから足首にかけて貫通って事は、上からか?家から撃ってそうだな。いい加減、クロスボウも規制すりゃいいのに

取手で人間狩りだと?( ;´・ω・`)

ダリルしかでてこなかった

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑