任天堂「トモダチコレクション」 異性限定の恋愛や結婚にクレーム

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 おもめNews, 事件

任天堂に不満の声?その内容とは・・・

不満が出ているのは北米でのこと。発売予定のゲームは「ニンテンドー3DS」から出る「トモダチコレクション 新生活」(英語版「トモダチライフ」)というパッケージ。

トモダチコレクション 新生活

 

このゲームの中で、”異性としか恋愛や結婚ができない“というゲーム設定に対してファンから不満の声があがっている。

アーッ!!

 

 

6月発売予定の当ゲームでは、仮想世界で「Mii」と呼ばれるキャラクターが恋に落ちて結婚し、子どもをもつ体験ができるというゲーム

しかしパートナーに選べる相手は異性のみであり、北米での発売を待ち望んでいたファンからは、「同性も選べるようにしてほしい」という声が高まっているとのこと。

 

米アリゾナ州の男性タイ・マリーニさん(23)は先月、ソーシャルメディアを通じて任天堂に改善を求める「♯Miiquality」の運動を立ち上げた。実生活での婚約者は男性なのに、ゲームの中では女性としか恋愛できないことに不満を持ったという。

この運動がフェイスブックやツイッターで反響を呼び、多くの賛同者が集まった。

「人間関係をテーマとしたこのようなゲームで同性関係が排除されれば、たくさんの人が排除されることになる」とマリーニさんは訴える。

これに対して任天堂は、「『トモダチライフ』ではいかなる社会的発言も意図していない」「ゲーム内関係の選択肢は、実生活のシミュレーションではなく遊びの代替世界を表現している」とするコメントを出した。

 

アーッ!!

とは言ったものの、実際重大な問題であり、同性婚を受け入れる動きが全米に広がる中で、任天堂のこの対応は、これから宣伝上・社会的な問題にもなりかねない。

ちなみに、米ゲーム開発会社エレクトロニック・アーツが2000年に発売した実生活シミュレーションゲーム「ザ・シムズ」では、同性パートナーとも交際できたりと、社会の違いを実感させられる。

 
 

<追記>

その後の任天堂の対応。

 【シリコンバレー時事】任天堂米国法人は9日、人気ゲーム「トモダチコレクション 新生活」でプレーヤーの分身(アバター)の同性婚ができず、見直しを求める声が強まっている問題で、声明を発表し、謝罪した。

来月6日に発売する米国版「Tomodachi Life(トモダチライフ)」で設定を修正するのは不可能としながらも、続編を出す場合には同性婚ができるように開発を進める意向を示した。

この問題をめぐっては米国の同性愛者やその支援者などの間で見直しを求める声が高まり、任天堂は声明で「多くの人々を失望させた」と謝罪。

技術的に大幅な修正を伴うため、「今回は変更は不可能」としたが、続編を出す場合には「ゼロからデザインし、すべてのプレーヤーをより良く表現する」と表明した。

引用元→http://news.nicovideo.jp/watch/nw1061551?news_ref=top_crank

 

この記事に対するネットなどの反応は・・・

・同性愛に対して嫌悪感は無いけど、これはちょっと違う気がする……まあアメリカだし仕方ないね

・なんだこれは・・・(困惑) 作られるキャラが安易に想像できますね・・・

・謝罪がなぜ必要なのか理解に苦しむ

・ホモダチコレクションwwwwwww

・ちょwwホモダチコレクションてww誰がうまいこと言えとwwwwwwwwwww

・いい対応だと思う

などなど。

 

国も違うので、そこまでしないといけないのかって感じはどうしてもありますが、それだけ価値観に違いがあるってことなんでしょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑