自民『パチンコ税』を検討。法人税率引き下げの穴埋めに

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 おもめNews, 政治

「パチンコ税」の導入が検討されているとのこと。

導入されれば1%の課税で2千億円もの財源確保になるとの試算もあるが、合法化が必要となるため、異論もあるようだ。

パチンコ税

参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/8963839/?_clicked=social_reaction

<記事の要点>

・法人税率引き下げの穴埋めの一つとして、「パチンコ税」が検討されていることがわかった。法人税の実効税率を1%下げると4700億円の税収減となる。

・財源としては大きな確保へとつながるが、ギャンブルとして合法化が必要となるため異論もある。

・風俗法により、現在では一度景品を受け取り、景品問屋や景品交換所に販売して現金を受け取る方式が取られているが、これを改め「換金免許制度」(店での換金を認め、税金を店が納める方式)の導入が検討されている。

・カジノの合法化と共に新制度導入を考えている。

<ネットの反応>

案そのものは前から有った。具体的な日程に乗りつつ有るということだろう。事実上の賭博合法化。ほぼ庶民のみへの課税なので税の公平性に疑問。

これ、三店方式をやめてパチンコの換金を合法化し、徴収される手数料は客の取り分から差し引かれて、パチンコ業界の完全勝利じゃないか。

1%とかケチケチしないで10%位から始めればいいんだよ。タバコと同じで誰も困らないから遠慮すんな

まあ携帯より圧倒的にトラブル多いしな。税金取ってトラブル解決とか法整備きつくしたらいいと思うわ

この税自体は悪くないかもだけど、換金免許制等を創設し、カジノにつなげたいのだろうし、何より、強い政権の時にできるだけ税収確保を進めたいということなのだろう。

携帯税などとふざけた税金よりゃよっぽどいい

うーん…。

財源の確保案としては、タバコやお酒と同じく関係のない人も多い嗜好品の類だろうから、悪くないと思いますけどねー。

ただ、ネットの声にもありましたが、合法化してしまい、結局は”客のお金から実施された税分を差し引く”形が取られることになるでしょうから、実態はパチンコ業界が有利・特に痛手もない状況になるのではないでしょうか。

「韓国にお金が流れてるだけだし即実施しろ」なんて声もあるようですが、場合によってはさらに流れるお金が増えるだけな案にもなり得るのでは…。

課税→パチンコたけぇ!→もう行かん! ってなればいいのですが、1%くらいで中毒者まで出るようなギャンブルを離れるとは思えませんし…。

携帯税なんかよりは賛成ですが、慎重に検討されるべき事案だと思います。

関連

携帯課税も目前か。なぜ携帯電話に?インフラを対象に”広く薄い負担”

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑