東大が防衛省に協力拒否 「軍事協力になる」「国からお金もらってるのに?」 割れる意見

公開日: : おもめNews, 政治

― 東大が「軍事研究」だとして拒否?

今年5月、強度試験中に不具合が起きた航空自衛隊輸送機(C2次期輸送機)。

この原因究明のため防衛省が東大大学院教授に協力要請したところ、東大の方針で禁じられている「軍事研究」の一環であるとして大学側が拒否していたことが、5日分かった。

C2次期輸送機
参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9013102/?_clicked=social_reaction

防衛省は文部科学省を通じ東大に働き掛けを強め、方針変更を促す構えだが、文科省は大学の自治を尊重し東大に働きかけるのには消極的である。

一方、教授は大学側に届けず防衛省の分析チームに個人の立場で参加しており、大学方針の実効性が問われる可能性もある。

なお、不具合の生じたC2次期輸送機は、離島防衛のため陸上自衛隊部隊が移動する際の主力輸送手段と想定されているもの。

2014年度末から配備を予定していたが、2年延期された。

<ネットの反応>

■反対寄り

この理屈でいくなら、集団的自衛権の行使を決定した国からの補助の受け取りも拒否しなければ筋が通らない。

国があっての国立大学。拒否するなら国からの補助金の支給停止すべき。好き勝手な自冶は許されない。

そういう指針があるなら、今後も徹底してほしい!その教授は信念があるなら、退職すべきでは?

東大は国立ではなかったか?国の支援が全てなはずだ。東大が中韓職員や留学生に占領されている記事があったが、事実であったな。国は即刻支援打ち切りと国立の名を外させよ。

日本は明らかに現状維持国家で中国は現状変更国家。防衛の為研究が必要な事態に協力しないなら東大は国からお金を貰うな。亡霊を見て「いつか来た道」などとほざくのは全く愚か

■東大に賛成寄り

東大は偉い!もう、協力する先生は、全員、懲戒処分にしちまえ!防衛省は防衛大学にでも頼んでろ!軍事国家反対!

国内で亀裂が深まるのは勘弁だなぁ。集団的自衛権には賛成だけど、やり方がまずかったのは否めないし。国内の緊張を煽るような、この手の報道は今後増えていくんだろうなぁ。

今は断っても、徐々に押し切られ、「この道はいつか来た道」にならなければよいが。

まぁ、会社でもそうだけど方針には従わんといかんからね、学校も同じ。

理由はどうあれ、拒否る権利はあるよな。ただ、拒否るんなら国から入ってるカネ返すべきだよな。

国からお金もらってるんだし、手伝ってればいいような感じはしますけどねー。

輸送機の不具合見るので軍事だなんだっていうのは少し敏感すぎるような気も・・・。

というか断れるんですね…。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑