号泣議員・野々村氏、辞職へ これまでの浮上した問題まとめ

公開日: : おもめNews, 政治

本日11日、「号泣議員」こと野々村竜太郎氏が辞表を提出したことがわかった。

議会事務局などによると、野々村氏は出処進退について「早く辞めたい」「早く決着させたい」などと話すとともに、3年間で支給を受けた政務活動費計約1680万円を全額返還する意向も示していたという。

野々村氏の進退に関しては、調査を踏まえた上で受理するかどうか決めるとのことだ。

野々村議員
参考元→http://news.livedoor.com/article/detail/9032725/

<浮上していた問題まとめ>

・城崎温泉や福岡などに計195回にもわたり往復を繰り返していた。その際の出張費(交通費等)は政務費用として支出。300万円以上にのぼる。

・出張に行っていたと報告のあった日の中には、豪雨により特急が運休しており、出張が極めて困難だった日も含まれていた。

・出張していたとされる日にスーパーでの目撃情報がある。

・16日間に切手を約40万円も購入していたことも分かった。

→まとめると、多額の出張費(まともに仕事のための出張かも不明)で最初は問題となり、会見を行った野々村県議だが、その後出てきた情報では、そもそも出張に使っていたのかも不明で、着服していたのではないかという疑いもあるということだ。

<ネットの反応>

まともな説明も行わずに本日の辞表提出の報道を受けてネットの反応では、

「このまま逃亡するつもりなのか?」
「辞めて済む問題では無い!」
「潔白なら辞任する必要ないじゃん。あの迫真の演技はなんだったの」
「とりあえずもう1回会見しようぜ」
「説明は出来ないが金は返す、ってことはつまり察しろってことか」

などのコメントが寄せられている。

正直もう1回会見をみたいですよねw 興味本位で申し訳ないが。

それから、今回の野々村県議は辞職するようですが、この問題は他にもやってる政治家はたくさんいそうですよね…。

領収書もなしで経費として認められるという民間では考えられない政治家への過保護っぷりに、不正を厳格に監視する機関がないというそもそものおかしさ。バレたらバレたで、返金してまた何食わぬ顔で復帰している。

野々村県議は、今回の「号泣会見」であまりに注目を集めてしまったことが裏目に出てしまったんじゃないでしょうか。最初から粛々と返還だけしてれば他の真っ黒な議員同様に、また何食わぬ顔でいれたかもしれないのに・・・。

それにしてもこのような議員が他にもたくさんいるんだろうなーと思えてしまうあたり、残念な気持ちになりますね…。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑