『マックチキンナゲット』中国の期限切れの鶏肉混入 販売停止へ

公開日: : おもめNews, 事件

中国・上海の食品加工会社が保存期限を過ぎた鶏肉を新鮮な鶏肉に混ぜて使用していた問題が発覚。

この会社と取引していた日本マクドナルドも問題となっている。

中国の食品加工会社は「上海福喜食品」

中国メディアで使用期限の切れた鶏肉を混入している様子が報じられ、20日には工場を閉鎖。営業を停止していた。

この食品会社と取引をしていたのが日本マクドナルドとファミリーマート。両社は該当する商品について22日に発表した。

チキンマックナゲット

日本マクドナルドでは、この食品会社から「チキンマックナゲット」に使用していた鶏肉の約2割を調達しており、関東を中心に1340店舗で販売。

保存期限の切れた鶏肉であったかどうかは不明だという。

「チキンマックナゲット」の販売自体は中止はせず、鶏肉の調達先を隊や中国の別の工場で生産されたものに切り替えていくようだ。
(現在のところは、「チキンマックナゲット」は、他の食品会社の製品に切り替えて販売している。)

一方、ファミリーマートは、「ガーリックナゲット」「ポップコーンチキン」の2つの商品を販売中止に。

ガーリックナゲットは今月の1日から全国約1万店舗で販売、ポップコーンチキンは21日から関東10店舗で試験販売していたところであった。

また、”中国内の取引先”があると報道されたケンタッキーフライドチキン、スターバックス、セブン-イレブンに関しては、いずれも日本国内の店舗では取り扱っていない旨を説明している。

今回ファミマはまだ販売期間が短かったこともあり、問題の中心となっているのは日本マクドナルドだ。

日本マクドナルドでは、2002年からこの食品会社からのナゲット用鶏肉を仕入れ続けていた。今回の報道に対して日本マクドナルドの広報担当は、

「あってはならない事態で、報道された内容が事実であれば、マクドナルドとしては一切受け入れられるものではありません。ご心配をおかけし、大変申し訳ございません」

とコメントしている。

<ネットの反応>

知ってた。中国から食品輸入してる時点である程度予想できるし、そんなことでもしなきゃ、あの値段で出せないだろ。

あの社長の置き土産か。酷いな。

危険ナゲット

元々死にかけてたけどこれで完全に死んだなマック。

つまりマクドは中国産だったのか。二度と食わねーよ。

それでも懲りずに中国の工場から調達するのかよ。

最近、経営不振でよく話題にあがっていたマックですが、今回の問題でさらに客足は遠のきそうですね・・・。

フード店でこの手の発覚はかなりヤバイような…。マックにトドメ入ってしまったか・・・?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑