増税直後に国会議員の年収が421万円アップ 日本はもらいすぎ

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 おもめNews, 政治

国会議員の給与が大幅に増額。

・・・ぇっ?!

国会議員 給与

国会議員の給料 5月分から月額26万円、年間421万円引き上げ

 この4月から、国民への大増税とは逆に、国家公務員と国会議員の“賃上げラッシュ”が始まった。国家公務員の給料は平均8%引き上げられ、行政職平均のモデルケースでは月額約2万9000円、ボーナスを含めた年収では約51万円のアップだ。国会議員の歳費(給料)はもっと増え、5月分から月額約26万円アップ、年間421万円もの引き上げになる。

 こうした大盤振る舞いは、「震災復興のために国民と痛みを分かち合う」と2012年から2年間の時限立法で実施されていた議員と公務員の給料削減を安倍政権が打ち切ったからだ。

全文を読む→http://news.livedoor.com/article/detail/8821470/

 

<この記事の要点をまとめると・・・>

・震災復興のための給与削減を打ち切り。

・国家公務員が約8%、国会議員に至っては年収+421万円もの引きあげ。

・復興予算は全く足りておらず、まだ7~8年は給与削減を続けるべきでは?

ということだ。

 

 

復興全然進んでないのに打ち切られる意味がわからん・・・。しかも消費税増税のこのタイミングで引き上げれば「増税は国会議員の給与のためかよ」と思われても仕方ないのでは…。

復興の現状としては色々な調査が行われていますが、最も説得力があると思われる”現地に住んでいる方”へのアンケートにおいては、7割以上の方が、「復興は進んでいない」と答えています。

特に、復興が進んでいないと答える理由としては、

・住む土地・住居がない

・放射線量

・産業がない

・町に変化がない

といった理由が上位を占めており、被災地の復興が進んでいないであろうことがこの回答からだけでも伝わってきます。

そういった中での、復興費にあてるはずの国家公務員の給与削減の終了。確かに期間を決めていたことだとはいえ、これからどうするつもりなのかと思いますね。

 

ちなみに、国会議員の年収は日本は世界最高水準です。

国によって支払われ方やかかる費用は当然少し異なるものの、

日本の国会議員年収平均は約2200万円

アメリカ 約1570万円

カナダ 約1260万円

ドイツ 約1130万円

イギリス 約970万円

韓国 約800万円

 

 

「1割カットで子供の教育費辛いわー」とか以前に、子供持つことも出来ない給与の国民が多いことをなんとかするべきなんじゃないのか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. […] プだ。 国会議員の歳費(給料)はもっと増え、5月分から月額約26万円アップ、年間421万円もの引き上げになる。 [引用元] 増税直後に国会議員の年収が421万円アップ 日本はもらいすぎ […]

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑