交番制が効果あげ、優秀な警察官ブラジルへ派遣

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 おもめNews, その他

経験豊富な交番のお巡りさんがまさかのブラジルへ・・・

両津勘吉

国際協力機構(JICA)と警察庁は、2017年までの3年間、交番勤務の豊富な警察官をブラジルに派遣することを決めた。先行して交番制度を取り入れた一部の州では効果を上げており、今後、ブラジル全土に普及を図る。16年のリオ五輪を控え、心配されている治安状況の改善に、日本が誇る交番制度が一役買いそうだ。

―後略

全文を読む→http://www.yomiuri.co.jp/national/20140515-OYT1T50035.html?from=ytop_main6

 

ブラジルは約4万件と殺人事件の件数が日本の約40倍にものぼる。

来月から開催のサッカー・ワールドカップ(W杯)では、日本の外務省が、試合会場の12都市のうち8都市に「危険情報」を出し、現地観戦のサポーターに注意を呼びかけているほど。

 

ネットでの反応

地球上で日本から一番遠いとこじゃねぇか!

メキシコじゃないだけましかもしれんけど

これ高額手当てつくのか?

平和ボケ勤務から命がけに急変!

 

 

治安改善への足がかりになるといいのだが・・・。向こうでは”交番”という制度がほとんどないらしく、日本にいると実感しにくいですが、交番というものは治安改善に大きく寄与することが多いというのが、過去の統計で分かっているらしいですね。

確かに側に警察がいればそう安々と悪いことも出来ませんし、相談に駆け込むことも出来ますしね。

平和ボケとまでは言う気はないですが、いきなり命がけの現場に飛ばされることになるお巡りさんは大変すぎるとは思いますけど…。

ワールドカップは大丈夫なのかな。

ブラジルの現状では、サッカー王国での64年ぶりの祭典だけど、デモやストライキが多発しています。

理由は主に「W杯への多額投資」

ホームレスや賃金の安い市民が住宅や賃上げを求めて行っているわけですね。

ストライキによってスタジアムの完成も見通しが経っていないようで、一部は未完成のまま諦めたとか。天井の部分とか、椅子の数とからしいんだけど…。もう開催日まで日がないけど間に合うのかな。

また、上記にも書きましたが、国が危険区域とするほどの治安の悪い場所も多く、ブラジル警察のパトロールの標準装備はこんならしいのだが・・・。

ブラジル警察

 

せ、戦場かよ・・・(;゚д゚)

観戦に行く方は本当に気をつけてください。というか命がけでまで見に行かなくてもいいような気さえするわけですが…。

話がワールドカップに逸れましたが、今回ブラジルに派遣となる警察のみなさんも無事に仕事が出来るといいですね。心底安全を祈ります。それでは今回はこの辺で。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑