小1女児、切断遺体の遺棄事件 近所の47歳男を逮捕―神戸市

公開日: : おもめNews, 事件

――小1女児遺体遺棄事件 近所の47歳の男を逮捕 ― 神戸市

神戸市長田区長田天神町の草むらで、行方不明だった同区の市立名倉小1年生、生田美玲(みれい)さん(6)の遺体が見つかった。

美玲さんは今月11日、下校後に行方不明になり、県警が12日に公開捜査に踏み切っていた。

この事件で、24日、兵庫県警長田署捜査本部は、発見現場近くに住む47歳の無職の男を死体遺棄の疑いで逮捕。

捜査関係者によると、ポリ袋の中から、男の名前が書かれた診察券が見つかったことが取り調べを始める決め手になったということで、今後、捜査本部は美玲さんの死因を調べ、殺人容疑でも調べる方針だ。

小1女児遺体遺棄事件

■事件の概要

この事件は、23日午後4時すぎ、神戸市長田区の雑木林で袋に入った子どもの遺体が見つかったもの。

警察によるDNA鑑定の結果、24日午前、同じ長田区で今月11日から行方が分からなくなっていた小学1年生の生田美玲ちゃん(6)と確認された。

捜査本部によると、遺体はかなり傷んでおり、性別は判別できない状態だった。(美玲さんの両親と遺体の組織片をDNA鑑定で判明)

遺体は頭部や両手がついた胴、両足部分など5つ前後のポリ袋に小分けされた状態で見つかった。

ポリ袋は半径数メートルの範囲に無造作に置かれ、何重にも梱包されていた。口はひもなどではなく、袋自体で縛られていたという。

中に頭部や両手がある胴、両足などがあったが、腰の部分だけ見つかっていない。遺体は切断されたとみられる。

また、ポリ袋の中から、遺体や美玲さんが身に着けていたワンピースや、サンダル、下着などが見つかった。遺体は服を着ていなかったという。

■事件当時

調べによると、美玲ちゃんは行方不明になった当日の午後、小学校からいったん帰宅したあと再び外出し、午後3時15分ごろ、家から400メートルほど離れたコンビニエンスストアの防犯カメラに、日傘をさして1人で歩く姿が確認されている。

そして午後5時半ごろに、そこから数百メートル離れた高校のグラウンドの近くを1人で歩いている様子が目撃されたのを最後に行方が分からなくなり、警察が付近を捜索していた。

警察は遺体の状況などから殺人と死体遺棄の疑いで捜査本部を設置して捜査をしており、死因についても調べを進める。

神戸市 小1 行方不明事件

■47歳の男逮捕

遺体が入っていた袋の中には、近くに住む47歳の男の名前が書いてある診察券が入っていた。

これが決め手となり、警察は男を死体遺棄の疑いで逮捕。

今後、取り調べを進め動機や死因についても捜査する。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑