AKB握手会中止にファンが賠償金請求 襲撃した梅田容疑者を訴える

公開日: : 最終更新日:2015/03/28 おもめNews, 事件

AKBの握手会での事件に関して、少し興味深いツイートを発見。

今後の握手会に関して、現時点では中止となっているのだが、そのことに対してファンの一人が犯人の梅田容疑者を相手に裁判を起こすというものだ。

 

内容はツイートの通り、CD代金と精神的苦痛に対する慰謝料を求めるというもの。

おそらく、握手券はあくまでも”おまけ”であるため、商品の”CD”は破損しているわけでもないので通らないのではないかと思われる。

同様に、精神的苦痛というのも”おまけ”から発生するものとしては認められないのではないだろうか。

ただ、この裁判が通るようなことがあれば、今度は、握手券の方が商品価値であり、CDにその代金の価値はないと公に認められることになるため、それは景表法違反に繋がるのではないかと注目されているわけだ。

 

まぁ、正直なところ、多くの方が「握手券が本体」だとは思っている(いた)わけだけれど、今回のこの訴訟は、ファン自らがそれを大声で言っているようなものである。

どちらに転ぶにせよ多くの人がその結果に注目する訴えとなったのではないだろうか。

 

 

<ネットの反応など>

・がんばれ!これで支払い命令が取れたら、模倣犯の防止にもつながる。犯罪者予備軍たちに「アイドルに関わったら、未遂でも地獄だ!」と刷り込み出来たら吉。

・「あくまでCDが本体であり、握手券は添付されている販促材にすぎず、商品価値を損ねたとはいえない」という当たり障りの無い結論で決着

・握手券販売が公の場で是非を問われる事になって、逆にAKB商法崩壊の引き金になるのでは・・・

 

 

それにしても330枚って…。AKBファンってすごいんだなぁ…。業者のようなダンボールだらけの部屋とかもちらほらネットで見かけますしね。

そんなにつぎ込むお金なんてないので、ある意味うらやましいです。

ちなみに、1枚あたり2~3秒くらいの握手を行うことが出来、330枚あれば12~13分ぶんの握手・会話が出来るということのようですねー。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑