増加するホームレスの子供 「コンビニで廃棄されるものを拾って食べていた」「保護された時には全ての歯が虫歯だった」 ―NHK調査

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 おもめNews, 政治

――ホームレスの子供が10年で85人 NHKの調査

NHKが全国の児童養護施設などにアンケート調査を実施したところ、この10年で少なくともホームレスになっていた子供が85人に上ることが判明した。

これは日本の話。

調査もNHKが行ったものなので、おそらく氷山の一角であり、国があげてすべきことではないだろうか。

多くの場合、親が家賃を払えずに住む場所を失ったり、借金から逃れるために夜逃げをしたりしたのがキッカケのようだ。

子供 ホームレス

参考元→http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141221/k10014165691000.html

■10年で85人

虐待や貧困が理由で義務教育さえ受けられないなど、社会から”消えた”子供の実態調査のためにNHKが全国の児童養護施設などを対象に1377ヶ所でアンケート調査を実施。

施設に”保護”が確認されただけでも10年で1039人、このうち「ホームレス」になっていた子供が85人いたことが判明

うち、車上生活61人、路上生活が22人、他ネットカフェを転々としていたり、というケースもあったようだ。

施設からは、

「コンビニで廃棄されるものを拾って食べていた」
「劣悪な生活環境で保護されたときには全ての歯が虫歯だった」

などの回答が寄せられた。

■深刻な”後遺症”のおそれ

ホームレス状態の生活を経験した親子の精神的ケアを行っている浜松医科大学の杉山登志郎特任教授によれば、

「格差社会のしわ寄せが極端な事態として起きている。子供は安心感のない生活を強いられ、深刻な”後遺症”が残る。セーフティネットの整備と保護されたあとのケアに力を入れていく必要がある」

と話している。

また、施設からは「それぞれ事情があると思うので、どこまで介入するのか判断が難しい」との声もあがっており、いち施設での家庭への介入はなかなか難しいようだ。

国や行政が関与すべき案件なのではないだろうか…。

■ネットの反応

放送見て思ったけど、社会的にもっと取り組まないといけない問題だと思う

痛ましい。。。やっぱり経済的に不安があるような人は子供作っちゃダメ

NHKじゃなく、国がやらなきゃいけない調査でしょう。ここに出てくる数字は氷山の一角のはず。手垢にまみれた言葉だが、国は「弱者切り捨て」で行くつもりに思える。

豊かな日本において、こういうことが正に起きている。全ての子どもがまともな環境で育つことができるよう、社会全体で力を合わせたい

格差なんて正直どうでもいい、こういった貧困こそ何とか潰していかないと

子どもの貧困の連鎖を断つ、それは大切なこと。それ以上に、貧困を無くす、貧困状態にある子どもをすぐに支援することが必要。

調査でこれだけわかったなら、背後にカウントされていない10倍の子どもがいると思ってもいい。弱いところにしわ寄せはいく。犠牲になるのは、一番小さな子どもたちだ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. […] 日本では、あまりニュースにはなりませんが、NHKの調査によると、この10年で日本国内のこどものホームレスは85人に達し、調査されない人数を考慮すると10倍くらいは存在して […]

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑