東京荒川マラソンが急遽中止に→怪しい点が多すぎで、詐欺だったのではないかと話題

公開日: : おもめNews, 事件

――21日東京荒川マラソンが急遽中止に → 詐欺だったのではないかと話題

21日に開催される予定だった「東京荒川マラソン」が開催2日前に急遽中止が発表された。

種目に応じて、参加者は2000円~4000円支払っており、主催者側には500万円がいっているようだが、参加者たちからは「詐欺ではないか」と話題になっているようだ。

■東京荒川マラソン

21日に、荒川区の平井運動公園を使い1500人が参加する大規模なマラソン大会となる予定だった「東京荒川マラソン」。

しかし、2日前に急遽中止を発表。詳細に見てみると、様々な怪しい点が見えてきたようで、詐欺ではないかと話題になっている。

・主催は「NPO団体黎明」

主催の団体名は「NPO団体黎明」。無職の男性3人が集まってできたNPO団体の模様。

NPO団体というのはNPO法人の非営利法人とは全く別物で、国の認可が降りたNPO法人とは異なり、NPO団体は自称できる。つまりサークルのようなもの。

NPO団体黎明の住所も多くのオフィスが入居するいわゆる共同オフィスやバーチャルオフィス的な場所で、電話をかけても一切通じないようだ。

・準備が全く出来ていなかった

マラソンに使用する予定だった平井運動公園の利用申請すら行われていない。

さらに給水の水もなく、ゼッケンの用意もなし。ボランティアスタッフも実際にいたのかが不明である。

・イベント名による狙ったような誤解

「東京荒川マラソン」というイベント名に、自治体が絡んでいると思った人も多い模様。

過去に行われていた「荒川マラソン」は現在は「板橋Cityマラソン」と名前を変えて行われている。そちらと誤解した人もいるようだ。

参加者は2000円~4000円支払っており、主催者側には500万円がいっている。

このような状況から「詐欺ではないか?」との声が挙がっているようだが、一応主催は返金すると発表している。

東京荒川マラソン

http://arakawamarathon.atdawn.tokyo/

とはいえ、どうしてこのような事態になったのかは説明が必要になるだろう。現状はあやふやな答えばかりが返ってくるようだ。

http://gogotsu.com/archives/2055

※追記

警察(長崎県警)が発表している「振り込め詐欺」被害関係住所一覧表と、主催者の住所が一致。

【170-0005 東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3階】

http://www.police.pref.nagasaki.jp/a32sou2/b01hurikome/furikomejuusyo.htm

多くのオフィスが入居する場所のようだが・・・。

■ネットの反応

なにもしていないのだから最初から逃げようとしていたのは明白

主催者は返金するって言ってるけど、本当に返してもらえるのか心配

完璧に詐欺事件じゃん。警察は早く動かないと犯人逃げるんじゃ

まあ返すっていってるから、返さなかったら事件になるな

目論見がバレて捕まる前に大人しく出てきたって感じやな

今回はバレそうになってきたから出てきただけじゃないの?徹底的に調べあげたほうがいいのでは

申請しなければ返金されないから、事実を知らなかった人や物ぐさな人は返金申請しないだろうしなあ。完璧詐欺じゃん

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑