海外への修学旅行先を”台湾”にする学校急増中 中国・韓国は関係悪化から減少中

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 おもめNews, その他

――海外への修学旅行先が台湾にシフト傾向 中国・韓国は関係悪化から減少中

韓国南西部・珍島(チンド)付近で沈没したセウォル号の事件はまだ記憶に新しい。

あの事故をキッカケに修学旅行先を韓国から変える学校も増えたが、一方で、修学旅行先として増えているのは台湾のようだ。

台湾を修学旅行で訪れた高校生の数は初の2万人の大台を越えた。

台湾 修学旅行先

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00000006-jij-cn

■台湾は2位浮上、韓国はトップから6位へ

沖縄県・尖閣諸島の国有化や歴史認識をめぐり中国、韓国との関係悪化から、海外の修学旅行先に親日的な台湾シフトが進んでいる。

10年度には9458人(60校)だった台湾への修学旅行生だが、11年度では前年度比で34.9%増加という急増。12~13年度も増加し続け、2万734人(138校)と、遂に2万の大台を突破した( 公益財団法人全国修学旅行研究協会調べ )。

海外の修学旅行先としてのランキングで見ても、台湾が前年の5位から2位にまで上昇。1位のシンガポールとの差はわずか200人にまで迫っている。

一方で、4年間トップだった韓国は一気に6位にまで転落。中国は12年度からトップ10を外れている。

今回、24日に発表された全国修学旅行研究協会の結果は2013年度のものだが、この傾向は2014年も続いているようで、最終的に台湾がトップになっている可能性が高いようだ。

今年は、”セウォル号沈没事故”もあり、韓国はさらに減っているものと思われる。

■ネットの反応

憎しみを向けてくる国に金を落とす必要はない。好意を向けてくれる相手に金を落とすべき

中国は大気汚染もヤバイしなあ。今わざわざ行く必要はないわな

安全性の面からも当然のことと思う。加えて、過去には韓国への修学旅行で慰安婦謝罪行事に参加させられた不幸な学生もいましたし。

この動きを歓迎する。台湾だけでなく、シンガポール・マレーシア・タイなどにもいって、自分の目で確かめてくるといい。どれだけ日本を歓迎してくれているかを。

修学旅行を海外にする必要あんの?国内でいいでしょ、海外いきたいなら自分で金稼げるようになってからでいい

当然だよなぁ。子供を危険な国に行かせるとかわけわからんもの。国をあげて反日やってるとこに今まで行かせてたのが異常なだけ

反日だからということだけじゃなくて、あまり衛生管理の良い国じゃないしね

そもそも、修学旅行としての利のない中韓へなぜ今までこぞって行ってたのかが疑問だわ。親日国であり、さらに震災の義援金に対するお礼も兼ねれば台湾は妥当

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑