東京1区・自民党 山田美樹氏、運動員が人身事故を起こすも近くで演説 秘書ら被害者に身分を隠す

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 おもめNews, 政治

――東京1区・自民党 山田美樹氏 運動員が人身事故を起こすも近くで演説 さらに「月曜まで待ってくれ」と身分隠す

毎日新聞が報じた内容によれば、衆院選公示期間中の12日に、東京1区の自民党、山田美樹氏(40)の運動員が選挙区内で人身事故を起こしていたことがわかった。

被害者は救急搬送される傍らで、山田氏ら陣営は街頭演説を行っていたという。

さらに翌日には、被害者の入院先に訪ねてきた山田氏の秘書は親族に対して、「(投開票後の)月曜まで待ってくれ」などと言って身分を明かさなかったことも判明。

被害者側は「非常識だ」と批判している。

山田美樹

参考元→http://mainichi.jp/select/news/20141227k0000e040214000c.html

■秘書「月曜まで待って」

12日に東京1区の自民党・山田美樹の運動員が人身事故を起こすも、その近くで演説を行っており、さらには被害者に選挙が終わるまで身分を明かさなかったことが判明した。

山田氏の事務所は取材に対し、山田氏本人に事故をすぐ報告すべきだったなどと釈明しているという。

事故は、運動員が後ろを確認せずにドアを開けたところにバイクがぶつかったという事故のようだ。

警視庁神田署などによると、事故は12日午後1時半ごろ、東京都千代田区神田神保町2の神保町交差点そばで発生。

道路左側に止めた車の右後部ドアを運動員の30代男性が開けたところ、後ろから来た都内の印刷関連会社に勤務する60代男性のバイクと接触した。

男性は転倒して一時意識不明となり、搬送先で外傷性くも膜下出血と診断されて2週間以上入院した。半年間の通院が必要で運転もできない状態だという

■事故の後の状況

車に乗っていた秘書らによると、事故は山田氏との合流のために向かった神保町で、到着直後に起きたようだ。

山田氏らは、救急車が到着後に現場から約30メートル離れた場所で演説を開始。事故処理の間も演説を続けた。山田氏本人に事故の報告をしたのは同日夕方だったという。

被害者の男性は勤務中で、勤め先の会社会長(68)は「運動員の事故も知らず、近くで演説するのはおかしい」と指摘。

さらに、月曜まで待ってほしいと名刺を渡すことも、身分を明かすこともしなかった秘書らに「不誠実だ」と批判している。

山田氏の事務所は、取材に対して「(被害者に対して)捜査中で詳細について説明できないが、誠意を持って対応している。山田もお見舞いに伺った」としている。

しかし、山田氏が病院を訪れたのは、毎日新聞が取材を申し込んだ翌日(20日)だったという。事故当日の経緯や事故後の対応について、国会周辺で山田氏本人に直接聞いたところ「イレギュラーな取材は勘弁してほしい」とだけ述べた。

■ネットの反応

東京1区の有権者は、この『事件』をしっかり頭に刻み込んでほしい。特に山田候補に投票した人たちは。こういう政治家に民意を掬い取ることはできないし、見向きもしないであろう。

自民党は日本人を守らない。警察と検察は権力におもねることなく、山田を裁いてほしい

二週間の入院に半年の通院のケガを負わせて隠蔽とは酷い

相当深刻な傷害事故だよ、酷い。

山田美樹氏は直接関わっていないにしてもこの対応はまずすぎる

一時意識不明になったのに、見舞いに行く気もなかったの?自民の山田ってひどいな

被害者のお見舞いに行ったのが毎日の取材の後って、政治家うんぬんの前に社会人としてどうなんだろう?

事故を起こしたのは本人ではないですが、さすがに30メートル先の救急車に対して気づかないなんてこともないでしょうに…。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. たぬきさん より:

    一方、宮城3区で落選した民主党の元議員は、遊説中に遭遇した事故で救出援助をして表彰されたという記事を見ました。
    一体なんだかなあ

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑