CIAが「竹島」を日本の領土と表記し韓国で物議、主張のため海底にも独自名称を付けた模様

公開日: : おもめNews, 政治

――CIAが「竹島」を日本の領土と表記し物議、韓国では領土を更に主張するため海底にも独自名称を付ける

日本と韓国では竹島(韓国名:独島)の領土主張争いが常に起きている。

そんな中、CIAが韓国地図から「竹島」を削除し、日本の領土として表記したことが、韓国で物議を醸しているようだ。

さらに韓国では、領土主張のため、海底にも独自の名前をつけたらしい・・・。

竹島

■CIAが竹島を日本の領土と表記

1月5日、韓国・国民日報によると、米中央情報局(CIA)が「竹島(韓国名:独島)」を日本の領土と表記した。

CIA が4日に公開した「ワールドファクトブック(The World Factbook)」の韓国地図からは「竹島」が削除

一方で日本地図には竹島が「リアンクール岩礁(Liancourt Rocks)」と表記されている。

また、韓国政府が「東海」併記を主張している日本海についても、「日本海(Sea of Japan)」とだけ表記されているとのことだ。

昨年の同様の地図では、韓国地図にも「リアンクール岩礁(Liancourt Rocks)」が表記されていただけに、韓国では「CIAが独島を削除した理由を政府が追求するべきだ」という指摘が出ている。

韓国のネットユーザーからは、

「米国の友達は、韓国ではなく日本だ。韓国人だけが米国を友達だと勘違いしている」

「独島や東海についての米国の公式立場はどうなっている?本当に気になる」

「もし、日本と韓国が戦争をしたら、米国はどちらの味方をするかな?考えたくない…」

「また日本人が賄賂を渡したのか?」

「韓国政府が、口では『独島を守る』と言いながら、実際は何もしていないことが証明された」

「しょうがない。いつも韓国は『日本の次』だから」

「米国は、いつでも自分の言いなりになる日本がかわいいんでしょ」

「いつものことじゃん。いちいち騒ぐことに疲れた」

などのコメントが寄せられているようだ。

参考
http://www.recordchina.co.jp/a100118.html

■海底地形に独自の名称をつける

CIAから削除された「竹島」について、韓国側は更なる領土主張のため、海底地形に独自の名称を付けたようだ。

名前は韓国読みで「カンチチョ」、日本語に訳すと「アシカ礁」という意味。

6日には、韓国の国家地名委員会を開催し、名前を付け正式にこの名を使用していくことを明らかにした。

正確な場所としては緯度37°14’53 “、経度131°51’59″に位置し最小水深は約14メートルとなる。

この名称について韓国側は「独島には数多くのアシカが居たが日本植民時代に無差別な乱獲により絶滅された」としており、「日本も独島に更なる独自の標準名称を付けるはず。今後も新たな地形を探して地名を作成する作業を続ける」と語った。

独島の海底地名は今回のアシカ礁をはじめ、北香など11個の地名を持っている。

また、海洋地名に関する教育アニメやウェブゲーム、発展途上国向け言語に作成した海洋地名ウェブ漫画(web toon)などで積極的な広報活動も拡大していく計画のようだ。

参考
http://gogotsu.com/archives/2653

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑