米国で中国産ペットフードを食べた犬・猫が1000匹以上死亡 大手「ペットコ」が締め出しへ

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 おもめNews, その他

――大手ペット用品チェーン全米で中国産ペットフードの販売を中止、食べた犬が死ぬ被害相次ぐ

安かろう悪かろう…。中国産の締め出し加速化。

米国の大手ペット用品チェーンが、全米店舗での中国産ペットフードの販売を中止した。

中国産のジャーキーを食べた犬が死ぬ被害が相次いだことを受けての対応のようだ。

この手のニュースはかなり前から「600匹以上が死んだ」「米食品医薬品局(FDA)が規制した」と報道されてきたが、今回は大手企業の対応である。

中国産 ビーフジャーキー

リンク先動画あり→http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2389594.html

■「ペットコ」が中国産ペットフード撤去

2007年以降、全米で中国産のペットフードを食べた犬やネコ次々と体調不良となり、1000匹以上が死んでいる

FDA(アメリカ食品医薬品局)が調査に乗り出し、2012年から中国産ペットフードを与えないように警告を発してきた。

このような被害を受けて、アメリカの大手ペット用品チェーン「ペットコ」は、全米やメキシコなどのおよそ1300店舗から中国産ペットフードの撤去、販売中止を決定。

「ペットコ」以外の別の大手チェーンも中国産ペットフードの撤去作業を進めていて、アメリカのペット業界で中国産製品の締め出しが加速化している。

中国産ペットフードを食べた犬や猫は、食欲不振や嘔吐、下痢のほか、腎臓、泌尿器系にダメージを受け死んでいったという。

■ネットの反応

ペットの命に関わるからなあ

人間用だって怪しさ満点なのに、ましてやペット用なんて..

正直遅い気がする。まずは消費者が賢くならないと。

これ未だに原因が特定されてないってのが怖い。米国で締め出しくらって日本に回って来たりしちゃうんだろうか。

日本で売ってるぺットフードって、原産地表示してたかな?帰ったら確認してみよう…

材料として使われると加工した国が表示されるから分からないんだよなぁ

今更。もう安全は金で買う事を知るべき 安い物にはそれなりの理由がある

で、大量に日本が仕入れて数ヵ月後にニュースになると。

日本からも締め出そう

日本にも当然中国産ペットフードは輸入されていますが、こういった報道はないですよね・・・。隠蔽でもされてるんじゃないかと個人的には思いますが…。

アメリカの大量死を受けて、日本もしぶしぶ「ペットフード安全法」なるものを制定したものの、いわゆるザル法

・5%未満の原材料の表示の義務はない
・そもそも罰則がない
・この法が定める原産国名とは、あくまで『最終加工』をした国を意味する

・・・。ドッグフード業者も獣医も、犬が健康状態が悪かったから死んだのだ、としているのかもしれないですね…。回避するには飼い主が賢くなるしかないのかもしれません。

参考

知らないと危険!ペットフード安全法の問題点―Neverまとめ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑