イスラム国へ対する空爆に主力空母『シャルル・ド・ゴール』投入、緊張高まる可能性も ―仏

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 おもめNews, 政治

――イスラム国へ対する空爆に主力空母を投入、緊張高まる可能性も ―フランス

14日、フランスのオランド大統領は、イラクなどで台頭するイスラム過激組織「イスラム国」に対する空爆に仏軍主力空母「シャルル・ドゴール」を投入することを発表した。

仏風刺紙シャルリエブドなどを狙った連続テロ事件を踏まえてのこととなる。

シャルル・ド・ゴール

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00000001-jij-eurp

■シャルル・ド・ゴール、空爆に参加

フランスのオランド大統領は、仏軍主力空母「シャルル・ドゴール」の艦上で行った軍への新年あいさつで、同空母を「イスラム国」に対する空爆に参加させる意向を表明した。

仏軍は2014年9月に米国などが実施するイラクでの空爆に加わり、今月13日に作戦の継続を決めたばかりだ。

仏風刺紙シャルリエブドなどを狙った連続テロ事件を踏まえ、仏国内ではイスラム過激派に反発する世論が高まっている。

一方、イスラム国側は同紙がイスラム教を侮辱したと非難しており、空母派遣を機に両者の緊張がさらに高まる恐れもある。 

■ネットの反応

終わらない宗教戦争・・・これからどうなってしまうのか

各国の立ち位置が変わればマジで大戦始まるんじゃないの

この空母派遣は、タイミング的に、フランス版「不朽の自由作戦」の開始に見える。

フランスのいう表現の自由ってものが、アメリカの主張する正義ってやつと同じになっちゃダメでしょうに・・・

テロ以降、段取り良すぎだろ。やはりWW3は対イスラム陣営になるのか。 【国際】対「イスラム国」

イスラムの預言者と神様をおちょくる自由を勝ち取りに本気でいくみたい(´・ω・`)

ムスリム風刺を武力で叩く。どっちもどっちだが、それを今度はイスラム国叩き(物理)に転嫁する…最早宗教戦争だな。イデオロギーの対立はどちらかが滅びんと収まらんよ

また戦争か…。でも正義のためとかって言って、仏側の行為は肯定されるんだろうな

まさか……と思っていたけど、あまりにも筋書き通りで、恐ろしい

まぁ、これが目的ですよね。今回アメリカがおとなしいのもアレ(・_・)

911を思い出してしまいます。こうしてフランスも反テロという名のもとに正義の戦争に突入するわけですね。そもそもイスラム国を演出したのはアメリカ軍産ですし、、

■関連記事

【フランスデモまとめ】反テロ集会、史上最多の370万人が参加 イスラエル・パレスチナなど世界の首脳約50人も

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑