保育士が園児に全力のビンタ 政府認証の”優秀保育園”でも暴力行為相次ぐ―韓国

公開日: : おもめNews, 事件

――「キムチを残して腹が立った」と園児にフルスイングのビンタ 動画も公開されネットで波紋

防犯カメラに残された映像には、衝撃的な場面が捉えられていました。

保育士が園児にフルスイングのビンタ…。保育士は「給食のキムチを残したことに腹がたった」と供述しており、虐待の容疑で逮捕。

驚くべきことに、この保育園は「優秀保育園」の認証を受けており(政府・保険福祉部より)、このような評価が高い保育園でも暴力行為などが相次いでいることが問題になっているようです。

韓国 ビンタ

参考元→http://www.j-cast.com/2015/01/15225327.html?p=all

■保護者の間では不安が広がる

公開された動画では、立たされた4歳の女児が保育士の女(33)からフルスイングのビンタを受け、床に激しく倒れこんでいる。

叩かれた後には、女児がこぼした食べ物を懸命に拾い、一方、保育士はトレイを差し出してどこかへ行ってしまった。周囲にはほかの園児が遠巻きに座らされ、恐怖のためかじっと動かない。

現地メディアによれば、1月8日に起きたこの事件。保護者からの通報で保育士を虐待の疑いで逮捕。容疑者は「給食のキムチを残して腹が立った」「しつけだった」と話しているという。

ネットでも動画が公開され、全国の保護者の間には「保育園に行かせるのが怖い」と動揺が広がっている。

■暴力行為を行う保育士相次ぐ

保育士による暴力行為は相次いで韓国で起こっており、問題になっているという。

中央日報によると、5歳の園児に無理やり食事を食べさせようとし、吐き出したために頭を殴ったり、「昼寝をしない」という理由で2歳児を投げ飛ばしたりする保育士の存在が各地で明らかになった。

しかも、政府・保険福祉部の評価により「優秀保育園」の認証を受けている保育園でも相次いで起こっているため、保護者たちは何を信じればいいのか分からない状況だ。

今回の事件のあった保育園も、政府の評価では95.36点と非常に高得点の「優秀保育園」の認証を受けており、女児に暴行した保育士も1級保育士の資格を持っていた。

韓国では”モラル”を問われる事件がセウォル号事件以来相次いでいる。学校教育に”モラル”を学ぶ授業が導入されるほど、国全体の問題になっているようだが、このような政府の対策により”モラル低下”は改善されるのだろうか…。

■ネットの反応

まず保育園でキムチ出すなよ

我が子がこんなことされたら100%やり返しにいくわ

子どもはされたこと説明できないという点で、保育園に監視カメラがあるってのはかなり健全な感じする

「保育士」であれ「親」であれ「他人」であれ、これは許されない行為

実際に映像見たら、ああそりゃ問題になるわと・・・。

子供のときから辛いもの食わせるのか。そりゃ残す子もいるだろう

この殴り方はひどい。子供の頭は特に殴ってはいけない。いつ重大事故になるかわからないよ

ここまでではないにせよ、日本でも普通にあるだろうな…

■関連記事

韓国で学生の「人間性が欠如」しているため、人間性を高めるための授業が義務化

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑