大阪市の学校給食、7割以上が食べ残し 冷やした煮込みハンバーグなどが提供される…

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 おもめNews, 政治

――大阪市の学校給食問題 ”7割以上”が食べ残し 冷やした煮込みハンバーグなどが提供される…

大阪市での”給食”を巡る問題。

給食実施が始まったものの、「おかずが冷めている」など不満が出ているとのこと。

冷やされた煮込みハンバーグはどう考えてもキツイ・・・。

大阪 学校給食

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000023-mai-soci

■7割以上が食べ残していることが判明

全国最低だった府内の給食実施率の改善のため、橋下市長のもと進められた政策により、昨年4月より仕出し弁当を配る方式での給食が始まった。

大阪市では、元々家庭弁当が基本だったが、13年度には給食との選択制、昨年には全員給食が導入。

しかし、「おかずが冷たい」などの不満が生徒からはあがっており、7割以上の生徒が食べ残しているという。

■給食(仕出し弁当)の実情

1食あたり約500円で、うち食材費300円が生徒負担。

校内に調理室を設けることが難しいため、市教委が献立をつくり、民間業者が調理・配送するデリバリー方式を採用。

学校にもよるが、早いところでは給食時間の数時間前には既に到着している。

容器はご飯とおかずに分けられてそれぞれの容器に。ご飯は温蔵庫(70度)で保管されるが、おかずは食中毒防止のために冷蔵庫(10度)で保存温めなおす機器はないので、煮込みハンバーグのような献立の場合にも冷えた状態で提供されるという。

つまり、冷めているというよりも”冷やされている”というのが正しいようだ。

市教委の調査によれば、「全部食べている」と回答したのはわずか10.8%。

「ほとんど食べていない」29.0%、「少しだけ食べている」18.2%、「半分くらい食べている」26.2%、計73.4%となり、食べ残している生徒は7割以上にものぼった

■ネットの反応

冷えたおかずしか出てこないとかどんな罰ゲーム

おかわりしてもまだ足りないという年齢の子供たちが残す。そりゃ冷めたおかずじゃなくて冷やしたおかずは可哀想だ

うちの職場も最近仕出し弁当方式になってるんだけど正直マズくて仕方ない。冷たいし油でギトギトだし、残すのも分かる

根性論で「贅沢言うな、昔は~」という意見が必ず出てくるけど、食べ盛りの子供がここまで残すってやっぱりおかしい

給食で食中毒なんてあまり聞いたことないけど。他の市は普通にやってるのに

とりあえず市長、議員、市の職員、それに教師や市教委も同じもの食えよ

刑務所以下の冷食弁当。市教委は成長期の子どもが楽しく美味しく食べることなど考えてもいない

温める設備くらい作れよ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑