20代男性「お酒、タバコ、ギャンブル」に興味なし 背景は趣味や娯楽の多様化か?

公開日: : らいとめNews, 生活

――20代男性「お酒、タバコ、ギャンブル」に興味なし?

今時の若者は~、ということで様々な「◯◯離れ」はささやかれるところではありますが、実際のところどうなのでしょうか。

単純にお金がないので、そういったことに使う余裕がないだけのような気がしなくもないですが…。

アルコールやギャンブルに関するアンケート調査が実施されていたので、その結果をご紹介。

■アンケート調査結果

インターネットによる調査で、15~69歳の男女3095人が回答。

調査結果によれば、20代で、30~50代よりも上回っているのは、

「誰かとの飲み」(”お店で”…20代男性27.8%、30~50代男性25.3% ”誰かの家で”…13.9%、8.7%)
「麻雀」(5.5%、2.3%)

それと、わずかながら「パチンコ」(8.9%、8.8%)だけという結果に。

”お酒”に関しても、「一人で飲む」となると大幅に30~50代の方が多くなる。(22.8%、41.8%)

また、「どれもやらない」と答えたのは、30~50代が24.6%だったのに対し、20代は44.3%と20ポイントほど多いことが明らかとなった。

野村総合研究所の松見咲子コンサルタントは「“優等生化”してきているのではないか」とコメントした。

■ネットの反応

全部子供の頃に「やっちゃいけません」と言われたことじゃないか。教育が上手く行ったって事じゃないのか

酒飲んで人殺したみたいなニュースを連日放送し、タバコは禁煙、分煙してるのが当たり前。ギャンブルするほど金もない。どうしろと?

昔はそれぐらいしか娯楽が無かったってことでしょ

確かにいずれも嫌いだ。世の中に不要なものだしいいんじゃない

ちょっとn数が少なめだけど、興味深い。「じゃあ、ちなみに何してるの?」という疑問もわくのだけど。

お酒飲まないって、家でひとり晩酌しないってだけね 店では普通に飲んでんじゃん

20代の方が家で飲む率が低いって当たり前では?独身が多い若い世代が、外で飲むことが多く、既婚者多い世代は家で飲むだろう。自由に使える金も違うだろうし

別に優等生ぶりたいわけじゃなくて単純に趣味や嗜好品の選択肢が増えただけだと思う

娯楽が増えたっていうのが一番大きいでしょうね。

ファッションなども通信費にかけるお金の増加から、GUやH&Mのようなインスタントファッション(価格帯が安いもの)が拡大しているそうですし…。

ネット代やスマホ代、他にもアニメ・ゲーム・マンガあたりのサブカル分野にお金使ってたら、他に回す余裕はさすがにないですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑