【ツイッター】嫌煙もここまで行くとさすがにヤバイ…

公開日: : らいとめNews, 生活

――嫌煙もここまで行くとさすがにヤバイ…

分煙がすすみ、喫煙者の肩身はどんどん狭くなっている近年。

喫煙者のマナーも悪い場合も少なくないので、分煙自体は悪いことではないと思うのですが、その流れに”乗りすぎ”ている嫌煙家もなかなか酷い模様。

ある喫煙者のツイートが話題を呼んでいます。

投稿された内容によれば、ある喫茶店で灰皿を頼んだところ、禁煙であることが伝えられたのでタバコを吸うのをやめた投稿者。

その様子を見ていた嫌煙家から「店に来てはダメだろ」という旨の罵声を浴びたそう。

嫌煙家によれば「(吸っていなくても)禁煙の店なんだからタバコ吸う人が来たら駄目に決まってる。頭の悪い人ね」とのことです…。

■ツイート

 

 

 

喫煙家、嫌煙家に関係なく、このおばさんがちょっとアレな人なだけと言ってしまえばそれまでなのでしょうけれど、タバコを巡る両者の対立は根が深そうです・・・。

以下、ネットの反応を一部。

「スゲェ理論をぶつけてきますな…恐いわ…」

「私も煙草は嫌いですが、好きな人もいるから吸うことにはダメといいませんが、これは酷いですね…」

「嫌煙家じゃなくてただの池沼BBAかと…」

「僕も煙草は嫌いですがその人は頭が可笑しいのはわかります」

「これは嫌煙厨というよりただの老害のような気がする」

「自分も喫煙者ですがこういう話を聞くたびに肩身が狭くなる思いです」

「最後の一行がなければ同情できたのに」

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑