Windows10発表イベントで隠し球!Microsoft HoloLens (ホロレンズ)を発表

公開日: : IT, らいとめNews

――Windows10発表イベントで隠し球!Microsoft HoloLens (ホロレンズ)を発表

2回目のWindows10発表イベントにて、とんでもない隠し球。

マイクロソフトからMicrosoft HoloLens (ホロレンズ)が発表されました。

これは、視界に3Dの仮想オブジェクトを重ねて表示できるバイザー型のホログラム・コンピューターになります。

Windowsホログラム

Windowsホログラム2

参考元→http://japanese.engadget.com/2015/01/21/hololens-3d/

■Microsoft HoloLens (ホロレンズ)

Microsoft HoloLens (ホロレンズ)は、単なる透過型のヘッドマウントディスプレイではなく、

・マーカーを使わず部屋の環境を認識して壁をスクリーンにする
・テーブルの上に仮想物体を置く、ゲームキャラクターが壁で跳ね返る
・ユーザーの視線方向や手の動きを認識して、仮想ホログラムを触って操作する

といったことが可能。

用途はエンタテインメントのほか、ブラウザや通常のWindowsアプリを表示してプロダクティビティに、3D仮想物体を手と目で触って操作できるクリエイティブアプリに、さらには部屋全体がゲーム世界になるゲーム向けなど。

デモではマインクラフトのマップを部屋全体に3Dで表示してユーザーが歩きまわって探索するといった使い方も示されています。

Windows10は標準でホログラムコンピューティングのためのAPI『Windows ホログラフィック』に対応しており、ユニバーサルアプリは、原則としてすべてホログラムとして表示できるそう。

Windows Holographic は Windows 10の標準機能として、Oculus Rift など各社のさまざまなデバイスで利用可能。

マイクロソフトはWindows Holographic をWindows 10の標準機能にするとともに、開発ツールなども提供し、ソフトウェア開発者にもハードウェア開発者にも『ホログラフィック・コンピューティング』のためのアプリやデバイスの開発を促す方針。

■正式リリースは少し先

本日発表されたホロレンズはデモのためのプロトタイプ。

プロトタイプでありながら単体でホログラフィック・コンピューティングの機能が利用可能。スマホやパソコンへの接続も、外部マーカーや入力機器も不要とされている。

ホロレンズには『ホログラフィック・プロセッシング・ユニット』(HPU)を搭載しており、これが仮想映像を重ねるための周囲環境を認識したり、ユーザーの視線やジェスチャ認識など処理。

ホロレンズは『Windows 10タイムフレーム』には市販される予定とされており、Windows10の正式リリースは今年後半を予定しているため、2015年末以降〜Windows10時代の間の発売となりそう

■ネットの反応

Kinectと組み合わせるとゲーム用では最強だな

すごく魅力的に見えるのだけど、Googleグラスとの違いは何だろう

10の標準機能としてて本気で推し進めよう感が出ていて良い.サイコパスのルームメイクアップが目の前にあるんだけど,なーんか違う気が…

マイクロソフトの新製品を見てこんなにワクワク&ドキドキしたのは久し振りなんだけども

解決しなくてはいけない技術的な問題は多そうだけど楽しみだな

これで「ラブプラスAR」作って欲しい!お出かけデートも自室でデートも思いのままだ

本当に電脳コイルの世界だな

元気のないAppleさんを尻目になんかMSさんが面白くなってきた感

気になるのキタ――(゚∀゚)――!!マイクロソフト頑張れ

今後が楽しみな発表ですね。

夢がひろがリング。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑