居酒屋オワタ 酒を飲まない若者「さとり世代」が急増中

公開日: : 最終更新日:2015/03/30 らいとめNews,

『さとり世代』と呼ばれる若者たちがお酒離れをしている。

この状況に多くの居酒屋チェーン店は苦戦をしているようだ。

ワタミ

 

居酒屋大手のワタミが、1996年の上場以来、初めての赤字に転落した。主力の外食事業の既存店売上高は前期比で7%減で、連結最終損益は49億円の赤字。今期は同社の居酒屋の1割にあたる60店を閉店すると発表している。このほか「甘太郎」などを運営するコロワイドは前期比で3%減、「はなの舞」などを運営するチムニーも4%減となるなど、居酒屋チェーンは総じて苦戦している。

全文→http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140531/ecc1405311808003-n1.htm

<記事の要点>

・20代の8割が飲酒の習慣がなく、徐々にお酒離れが進んでいる

・「とりあえず全員ビール」は通用しなくなっている。各自の注文を時間がかかっても聞くのがやり方。

・新歓コンパなどを居酒屋からカフェに移す大学サークルも。

・彼らにとっては、「ほろ酔い状態が長時間持続する」という飲み方が理想的

 

― さとり世代

消費をしない、上昇志向がない、恋愛に淡白。そんな消極的な性格を、さとりをひらいた僧に喩えた表現で、ネット掲示板の「2ちゃんねる」が発祥で、2013年の流行語大賞にもノミネートされた。

 

 

酒離れというよりは、“消費離れ”によって優先順位の低いものから消費しなくなっているということなのではないでしょうか。

お酒やタバコなどは嗜好品ですしね。

根本はバブル期のようなお金の使い方が出来ない(給与が安いなど)が原因にあるのではないかと思います。

 

それに若者のそれが悪いかのように書かれていますが、別に悪いことだとも思わないですね。

先人に学ぶ・反面教師、ではありませんが、現代の若者が年上の方々を見てお酒から離れているわけだから、それは年上の方々の飲み方・飲ませ方などに何かしらの問題を感じ取っているということなのではないでしょうか。

居酒屋のあり方はどうだろう。原文にも少しあるように、大人数でワーッと騒げるような従来の(?)居酒屋形態よりも、少人数で長時間いられるような空間、カフェと居酒屋の間のようなあり方がマッチしているんじゃないかとは私も思いますね。

まぁあくまでも”飲み物”なんで、味の好みもあるでしょうし、好きな人は飲み、嫌いならば飲まなければそれでいいんではないでしょうか(適当)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

Comment

  1. nike foamposite fruity pebbles footlocker より:

    After examine just a few of the blog posts on your web site now, and I really like your way of blogging. I bookmarked it to my bookmark web site checklist and might be checking back soon. Pls check out my web site as effectively and let me know what you think. nike foamposite fruity pebbles footlocker http://www.shopsalesoutlet.store/nike-flyknit-air-max-men-bluegreenyellow-p-1587.html

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑