レスリングの試合着が変更?女子のビキニ案に吉田沙保里「決まったら辞めます」

公開日: : らいとめNews, スポーツ

――レスリングの試合着が変更?女子のビキニ案に吉田沙保里「決まったら辞めます」

注目度も集まるかもしれないけど、それ以上に家族とかいたら気まずくないか…?

世界レスリング連合が、注目度を高めるための案として試合着の変更を提案中。

特に女子はビキニのセパレート案が浮上しており、選手も猛反対。女王・吉田沙保里も「決まったら辞めます」とまで”NO”を強調している。

吉田沙保里

参考元→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000023-tospoweb-fight

■試合着にビキニ案、多くが反発

世界レスリング連合(UWW)が競技への注目度を集めるための案として、試合着(シングレット)の変更について審議を始めた。

レスリングは、一昨年の五輪実施の際に競技から除外の危機に直面。ルールの改正や組織改革をすすめた。

五輪競技正式種目となったあとも、よりメジャーなスポーツとなるため、様々な案を考案している最中である。

試合着は、従来の一体型から一気に露出度が増す服装が提案されており、グレコローマンは上半身裸、女子はビキニのセパレート案まで浮上。

特に波紋を広げているのが女子の案。

「より女性らしく」という考えから、ビーチバレーのようなビキニのセパレート型が考案されているのだが、当然、おヘソ部分や腹筋は丸見えとなる。

他の案では、下半身がスパッツ+短パンの重ね着スタイル、現状と同じ上下一体型でも、背中が大胆に開いているスタイルなどもあったそうだ。

しかし、常時激しく組み合いを続けるレスリングで、セパレート型を採用するのは、ブラの部分が脱げてしまう可能性なども大きくなる。

日本が誇る女王・吉田沙保里(32)は、

「絶対に嫌です。もし決まったら競技を辞めます。今ですら(脱げそうになる)危ない場面だってある。そりゃ見せてもいい人はいいでしょうけど…」

とハッキリと”NO”を強調。

他の選手や関係者からも「賛成出来ない」との声も多く、また、肌の露出が禁止されているイスラム教国家への普及なども見据えるのであれば、政治的な問題も絡んでくる。

■ネットの反応

今のままでいいだろう・・・変な人たちへのサービスとかいらんから選手が動きやすいものにしてやれよ

本格ガチムチなマッチョ女がビキニが脱げるスレスレで戦うというお茶の間がただ気まずくなるだけのスポーツになったら、レスリングなんか誰も見なくなるわ

どの競技でもそうだけど組織運営してる奴等が現場の選手の気持ちを考えなくなる現象ってなんなんだろうね

競技中の安全性や競技性高める事より、話題性や商業的価値の向上を重視するって事なんですかね。全く以て賛成出来ぬ

一般への拡大できるわけねーだろ。その感覚がまずおかしい

芸能人水泳大会じゃないんだから

なぜそうなった…おかしいだろう

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑