【しくじり先生】大事MANブラザーズバンド立川先生が話題 「『それが大事』を24年歌っていたら何が大事か分からなくなった」

公開日: : らいとめNews, 芸能

――「しくじり先生」大事MANブラザーズバンドのボーカル、「『それが大事』という曲を24年間歌ってたら、何が大事かわからなくなった」

木曜日夜、テレ朝で放送の番組「しくじり先生」。

過去にしくじった経験のある芸能人が、しくじらないように授業する番組です。

その番組で、今週のゲストだった大事MANブラザーズバンド立川俊之さんの発言が面白かったことで話題を呼んでいます。

90年代に大ヒットした代表曲『それが大事』から24年間歌い続けた結果、「何が大事かわからなくなった」そうですw

立川さんの発言メモ

何が大事かわからなくなった
結局どれが一番大事
どれも大事じゃない

何が大事?

「それが大事」を歌いすぎてなにが大事かわからなくなった。

24年間の結論、どれも大事じゃない

バンド名

バンド名はノリで決めた。ほんとは居酒屋で語呂だけで決めた。

昔のインタビューでは、大事なことと尊敬しているオールマンブラザーズバンドをかけたと言ってるが大ウソだそう。

また、大事MANブラザーズバンド=それが大事 となってしまったので、しくじったと話す。

『それが大事』

伝えたいことがない

160万枚売れた大ヒット曲。3枚目のシングルで、当時は次売れなかったらやばいと言われており瀬戸際だった。「その時の自分達の心情が歌になっている。」

今では、「歌で伝えたいことがない。だからカバーをしている」

ヒット曲に言及

桜舞散らかしやがります

ヒットする曲によく使われる歌詞を挙げる。

・「桜が舞い散る」
毎年春になるとJ-POPで桜が舞い散りやがります。

・「きっと ずっと」
それしかボキャブラリーねえのか。

ヒットする曲の特徴にも言及

・中学生でも理解できること
2013年の調査でもCDを買う世代は10~20代。全体の4割をこの層が占める。

・大人になると共感できなくなる
お金を持っているのは大人なのに、CDを買うのが若者なのは、大人になるにつれて歌詞に共感できなくなるから
「負けないことが大事」とか歌っても「うるせえよ」って思ったり、「とは言ってもねえ…」と思うようになる。

一番大事なことは?

一番大事なことは

負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じぬくこと

Q.これの中で何が一番大事?
A.答えはどれも大事じゃない

ずっと聞かれ続けてきたことで辟易しているそうw

では、自分にとって一番大事なことは何か。

「それを考えるのことが一番大事」

もっともらしいことを言う人はたくさんいるが大事なことは人によって違う。だから少しは懐疑的になって自分にとって本当に大事なことは何かを考えましょう。

最後は綺麗なまとめでした。

参考
http://jabuken.blog.fc2.com/blog-entry-476.html
http://togetter.com/li/776191

ネットの反応

潔すぎて逆に好感持てたw

正直でよろしい

ぶっちゃけすぎわろたwww

負けないこと→気持ちが負ける
投げ出さないこと→すべてを投げ出す
逃げ出さないこと→現実から逃げ出す
信じ抜くこと→誰も信じられない
のように心境が変わっていったそうです。何も守れていないんだがw

皆心ひそかに思うことではあるよね

立川先生振りきってて面白い

どれも大事じゃない(哲学)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑