かっこ良すぎ!「バッドマン」大好き親子に”世界で1つ”の「バットモービル・ベビーカー」をプレゼント

公開日: : らいとめNews, 生活

――かっこ良すぎ!「バッドマン」大好き親子に”世界で1つ”の「バットモービル・ベビーカー」をプレゼント

完成度高すぎてヤバイ。

「世界で一つのアイテムが欲しい」というファンの願いを叶えてくれる番組『Super-Fan Builds』。

バッドマンファンの親子のために、息子と一緒に楽しめる「バットモービル・ベビーカー」を作ったようです。

バットモービル・ベビーカー

参考元→http://www.kotaku.jp/2015/01/batmobile-baby-car.html

『Super-Fan Builds』

ファンの「世界で一つのアイテムが欲しい」という願いを叶える番組。

映画やテレビで大活躍の造形師ティム・ベイカー率いるティム・ベイカー・クリエーションが、世界に1つだけのアイテムを作ります。

とはいえ、ファンといっても「好き」程度では選ばれず、番組がビデオレターを見た上で超好きであるかどうかを判断するのだそう。

今回選ばれたのは、家中バットマンだらけの夫(ジョッシュ)を持つメリッサ・アールさん。

18ヶ月の時に口にした言葉のひとつに「バットマンのテーマ」があったというほど、息子コリンくんもバッドマンの大ファン。

そんな夫と息子が一緒に遊べるバッドマンアイテムを希望し当選しました。

バットモービル・ベビーカー

要望を受け、今回ティムが製作したのは、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』に登場するバットモービル「タンブラー」をモチーフにしたベビーカー。

3Dモデリングした後に個々のパネルをプリントアウトし、形が正確かどうかを確認。

メタルフレームで全体を支えているので、多少無茶な動きをしてもハンドルが折れることもありません。

乗る部分には、5点シートベルトが着いた黒いチャイルドシートをセット。雰囲気を損なわずに楽しめる設計を考えます。

パネルには軽くて丈夫な塩ビ発泡シートを使用。これをコンピューター制御のCNCルーターで切断し、シワをヒートガンで少量溶かして形成しています。

見た目だけでなく、子供さんが怪我しないように処理するなど、配慮も細部まで。

大喜びの2人

完成したバットモービル・ベビーカーを見て、ジョッシュさんとコリンくんは思わず「OMG!」と喜びます。

ベビーカーとしての重量や操作性、荷物をどれだけ積めるかなどは考慮されていないので、完全にパパと息子のオモチャですが、2人にとって最高のオモチャになった模様。

夫と息子の趣味を理解し、依頼したメリッサさんも素敵ですね。

ネットの反応

カッコよすぎです

ベビーカーのくせにかっこいいw

こんなんで電車乗ってこられた日にゃぁ・・・(ないない

迷惑な大きさw

俺も乗りたい(錯乱)

うらやましい!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑