東京駅開業100周年記念Suica 注文が300万枚突破、年間発行枚数と同等に JR東日本「時間欲しい」

公開日: : IT, らいとめNews

――東京駅開業100周年記念Suica 注文が300万枚突破、年間発行枚数と同等に JR東日本「時間欲しい」

売れすぎでヤバイ。

初動で約50万枚、2日の発表では170万枚に達したとの「東京駅開業100周年記念Suica」ですが、4日の発表ではなんと316万枚に到達。

締切は9日を予定しているため、まだ増える可能性もあります。

東京駅開業100周年記念Suica

参考元→http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020401001829.html

■3月末までに用意できるのは10万枚だが…

当初は、限定1万5000枚の販売を予定していた東京駅開業100周年記念Suica。

2日のJR東日本からの発表では、約170万枚の申し込みがあったとのことで、ネットでは「これだけ需要あるものを1万5千枚だけにしようとしてたのが間違いだった」「売れすぎヤバイw」など、Suicaの売れ行きが話題となったのだが…。

なんとそれから2日後の4日朝の発表では、約316万枚にまでなったことがJR東日本の冨田哲郎社長より明かされた。

ここ数年のSuicaの新規発行枚数が年間約300万枚ほどであり、それと同等、もしくはそれ以上の枚数となる。

「東京駅開業100周年記念Suica」は1月30日より受付を開始しており、5日間でこの枚数に達した。申し込みは9日まで受け付けており、まだ増える可能性もある。

同社は、全希望者へ販売する方針のため、受付は予定通り9日まで行い希望者全員に発送する予定だ。

ただし、3月末までに用意し発送できるのは約10万枚とされており、大部分は来年度以降の発送となる。

冨田社長は「ある程度の期間をもらわないと、全員に届けることができない。製造能力をフルに発揮させる方法を検討し、できるだけの手段を講じて発送していきたい」と説明している。

■ネットの反応

言葉の響きが良いのかスイカグッズは人気がある。そして、カードの人気はテレカブームにも通じているように思う

一年分のSuicaを一息に作らされるJR東。felicaカードってそんなに急に作れるとこ有るんだろうか?

騒動で知名度が上がったとはいえこれだけ需要があるもの、当初の予定発行数1万5千枚って数字はやっぱりどうかしてた

記念Suicaは1枚につき200円ほどで6億3200万円の儲けに加え、購入した人がチャージ分1500円を使わなければ資金が歩留る

おいおい、初回の抽選にはずれた人はいったいいつまで待たされるんだ

3日で170万枚、5日で316万枚って勢いが落ちるどころか加速してる

駅販売の混乱は計画的パフォーマンスだったり?w

これは来年まで待たなきゃならないかな…

■前記事

「東京駅開業100周年記念Suica」 170万枚もの申し込みでボロ儲けか?利益十数億との話も

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑