Twitterツール「エターナルフォースブリザード」が炎上、リリースから3時間で公開停止

公開日: : IT, らいとめNews

――Twitterツール「エターナルフォースブリザード」が炎上、リリースからわずか3時間で公開停止

エターナルフォースブリザード「一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させ、相手は死ぬ」

架空の必殺技の名前を冠したTwitterツール。その開発者が炎上、リリースからわずか3時間ほどでツールも公開停止の騒動になりました。

「エターナルフォースブリザード」は、一瞬で大気は氷結させないものの、使用するとフォロー/フォロワーが0になるという、知らずに使えば身も心も一瞬で凍りついてしまいそうなツール。

開発者は「ネタとして作った」としていますが、公開直後から誤って使ってしまったユーザーなどから非難が殺到。

公開からわずか3時間ほどで公開停止、Twitterアカウントを非公開にする騒動になりました。

Twitterツール「エターナルフォースブリザード」

参考元→togetter「『エタフォ』作者(owata_programer)に対する質問と一連のやりとり」

■「エターナルフォースブリザード」

「エターナルフォースブリザード」の仕組みは単純で、使った瞬間、フォロー/フォロワー全員をブロックするというもの。

開発者は、「ネタとして作った」としているが、ツイートを非公開にする前には、

「マジで引っかかってて草」
「ネタをネタと見抜けずマジでエターナルフォースブリザードをやってしまった奴が現れる」
「今笑いすぎて隣から壁ドンされた」

といったツイートも投稿しており、「からかっている時点で悪意があるのは確実」として非難が殺到。

ツールで何が起こるのか十分に説明していなかったことや、「ShootingStar」というTwitterクライアントには、フォロワーの全ツイートをお気に入りにする「エターナルフォースブリザード」という機能があり、これも誤解を招く一因となったことなどもあり、中にはうっかり使ってしまうユーザーもいたようだ。

結局リリースから3時間ほどで開発者は「サーバーの電源を落としました」とツールの公開を停止。Twitterアカウントも非公開に。

非公開にする前には、

「ネタを理解できないユーザーに対する配慮が足りませんでした」
「次ネタをやるときは必ずネタが分からない人への配慮を忘れないようにします」

など謝罪を一応はしたものの、煽るような謝罪の仕方が火に油を注ぐ結果となったようで、「真剣に謝ってる雰囲気無いので許さない」「インターネットホットラインセンターに通報しておいた」などのコメントが寄せられている。

■ネットの反応

とにかく見知らぬアプリは使わない以外に防衛策はないのでしょうね

「何をするものか」を知らないで使っちゃうのって不用心だな

昔なら抗議側がm9とかNDKされて終わりなんだけどな。ネタをネタと(ry が通用しない時代か

ネタで作るのはいいけど使い方は説明しないといけなかったんじゃないかな

これは謝罪風の完全な煽りだよね

まともに説明をせずダウンロードさせてる時点でジョークではなくスパムアプリ

エターナルフォースブリザードなのに炎上したのか…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑