窓ガラスフィルム「シーグフィルム」に断熱効果なし 東大などにも納入製品に消費者庁が措置命令

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 らいとめNews, 生活

――窓ガラスフィルムに断熱効果なし 消費者庁が措置命令

先日は、空間用の虫除け剤に効果が無いとして消費者庁が措置命令を出していましたが…。

前記事
「虫コナーズ」等の空間用虫よけ剤、虫が来ていた模様 効果不十分で消費者庁が措置命令

窓ガラスに張るだけで冷暖房の効率を大幅にアップするとしているガラスフィルムが、断熱効果に効果がないとして消費者庁から措置命令が出されることになりました。

対象となるのは「翠光トップライン」の窓ガラス用フィルム「シーグフィルム」。大学や公共機関でも納入されていた商品のようです。

「シーグフィルム」

参考元→http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2418456.html

■「冷暖房効率が30~40%アップ!」効果がないことが判明…

窓ガラスに張るだけで冷暖房の効率を大幅にアップするとしていたガラスフィルムに、「断熱効果が根拠なし」として、消費者庁がメーカーに景品表示法違反で措置命令を出す方針だ。

措置命令が出されるのは、東京・文京区のフィルム製造メーカー「翠光トップライン」。

同社が製造する窓ガラス用フィルム「シーグフィルム」は、一昨年まで「窓に張るだけで冷暖房効率が30~40%アップ!」「夏涼しく、冬暖かい部屋になり、省エネに効果てきめん」などを謳い、高い断熱効果を強調した販売をしていた。

「シーグフィルム」は1平方メートルあたり工事費込で1万5000円ほど。ホームページなどによれば、東大などの大学や公共施設、高級ホテルなどに納入されているということだ。

消費者庁は、メーカー側に断熱効果について説明を求めたものの、十分な根拠が示されなかったため、措置命令に踏み切った。

今後、メーカー側は消費者へ表示の誤りを周知、再発防止が求められる。

メーカー側は「製品について問題はない。消費者庁への弁明についてはコメントできない」としている。

■ネットの反応

詐欺じゃねーか

事実ならデータを捏造していたという事か?そうならば凄い損害賠償になるな。

空気の層挟んだ分厚いシートならまだ分かるが、薄っぺらいフィルムなんか大して役に立たないってすぐ分かるだろうに

窓ガラスフィルムって、ただ単に「割れた時の飛散を防止するため」のものじゃないの?

東大も騙せる詐欺業者・・・

>「冷暖房効率が30~40%アップ」
さすが盛りすぎでしょww気づけよ

効果もないただのフィルムを15000円/㎡で売るとか悪質すぎる

ググると以前から悪評など多いみたいですね…。

東大や高級ホテルとかはなぜ気づかなかったのか・・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る

コメントをする

名前・メアドは未記入のままでもコメント出来ます

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑